ヨーガの料理 さまらさ


「食」それは私たちの命をつなぎ、身体と心を調えていくために大切な自然の恵みです。
さまらさでは、ヨーガをベースにした食に対する考え方を学びながら、
旬の食材を生かしたシンプルなお料理をご紹介しています。
食事作りを通して日常や心のあり方を見つめてみませんか?


さまらさの台所

instagraminstagramを始めました。さまらさの台所で紹介しているお料理やそのアレンジ、さまらさスタッフの日常の食事などをアップしていきます。

 

京都
パラマハンサ会員向け「さまらさの台所」

今回は旬の春キャベツを使ったポトフをメインにした一膳をご紹介します。
野菜の甘みを引き出すシンプルな味付けで、春らしさを感じるメニューです。
食材を新鮮なうちに使い切る工夫もご紹介します。

春野菜のポトフ

● 日時:2017年3月12日(日)11:00〜14:00頃
● 会場:ヨーガ・ヴィハーラ MAP
京都市上京区千本下立売西入る北側
メニュー:春野菜のポトフ、プレーンオムレツ、マカロニサラダ
● 内容:調理、試食、食にまつわるお話
● 参加費:3,000円(税込)
● 持ち物:エプロン、三角巾、食器用タオル、手ふき用タオル
*『パラマハンサ』(2017年年3月発行)を持参ください。

定員15名 締切:開催日の3日前まで

お申込み
Tel. 075-802-3799(ヨーガ・ヴィハーラ)

 

大阪
さまらさの台所&サットサンガ(ヨーガの集い)

アットホームな雰囲気の中、食材と向き合う楽しいお料理の時間。お腹も心も満たされた後は、ヨーガの教えを軸にしながら日常の心のあり方、より良い生き方についてのお話をしています。

さまらさの台所&サットサンガ東大阪 
● 日時:第4日曜日 11:00~15:00頃 
● 会場:いるかさん家(近鉄布施駅)東大阪市長栄寺4−8
● 内容:調理、試食、食にまつわるお話、サットサンガ(ヨーガの話と質疑応答)
● 3,500円(税込)  要予約 定員 8名 締切:開催日の3日前まで
お子様連れもご参加いただけますのでご相談ください。

2月(2/26)の予定
メニュー:揚げ出し豆腐、春菊のくるみ和え
大根おろしがたっぷり、体がほっこり温まる揚げ出し豆腐をご紹介します!

お申込み
Tel. 075-203-8404

大阪
本町 少人数制さまらさの台所 (不定期で開催)

インドカレー(ほうれん草カレー、サブジ)本格インドスパイスを使ったほうれん草カレーとじゃがいものサブジを作ります。スパイスの効能や使い方のコツを知れば、意外と簡単に作ることができます。スパイスのお土産をお渡ししますので、習ってすぐに作ることができますよ。

● 日時:2017年3月17日(金)19:00〜21:30頃
会場:大阪市西区京町堀1-13-16(靭公園すぐ近く)
● メニュー:インドカレー(ほうれん草カレー、じゃがいものサブジ)
● 持ち物:エプロン、三角巾、手ふきタオル
● 参加費:3,000円(税込)
● 内容:調理、試食、ヨーガのお話

お申込み

 

東京
吉祥寺でもさまらさの台所を開催!
>>詳しくは東京WEBSITEにて

● 日時:隔月 第4日曜日 11:00~14:00頃 
● 会場:井の頭公園南 “牟尼草庵(むにそうあん)”
● 内容:調理、試食、食にまつわるお話
● 3,000円(税込)
要予約 定員 10名 締切:開催日の3日前まで 

ねぎのかき揚げ年越しそば、いなり寿司

3月(3/26)の予定
メニュー:ブロッコリーのペンネ、大根とにんじんのサラダ、じゃがいもと新玉ねぎのスパニッシュオムレツ

目にも美しい、鮮やかなブロッコリーのペンネをご紹介します!ブロッコリーってこんなに甘くて美味しかったの?!と驚くこと間違いなし。シンプルで美味しい春色のメニューです。

お申込み


これまでの台所のメニューはこちらから

『さまらさの台所』の様子はブログでご覧いただけます
>>ブログ「ヨーガを生きる―ヨーギーたちのダイヤリー」

 

ヨーガの料理 さまらさの台所『さまらさの台所』が本になりました!

これまで「さまらさの台所」では、旬の食材を生かしたさまざまな料理をご紹介してきました。そしてこの度、それらをまとめて1冊の本を作りました! この本に掲載している料理は、さまらさのスタッフの食卓にもよく登場するものばかり。ぜひ作ってみてほしい!というものを厳選しています。またさまらさの柱となっているヨーガの精神にも触れ、通常の料理本にない、奥深い内容に仕上がりました。目からうろこの内容が満載! 詳しくはこちら

『ヨーガの料理 さまらさの台所』 定価 2,160円(本体 2,000円+税)

 

さまらさの台所


さまらさについて
マハーヨーギー・ヨーガ・ミッションのメンバーにて2005年に発足。
スタッフヨーガの教えを礎にした食事作りの記事を機関誌に連載スタート。
NPO法人 日本女性生涯支援協会からの依頼による料理教室の定期開催を経て、現在は京都、大阪にて「さまらさの台所」を主宰、参加者の方とともに食を通して生きることの意味を学んでいます。

「さまらさ」とはヨーガの言葉で「等味」、「至福の味わい」ともいわれます。いただく食材の命も、私たちの命も等しく愛で、作る人も食する人も、ともに歓びを味わう・・・そんな意味合いが込められています。

スタッフ紹介これまでの台所のメニュー


心身を調えていくために

「正しい食生活とヨーガ・アーサナ(ポーズ)によってほとんどの病は回復する」といわれています。旬の食材を生かした料理を適量いただくことで、私たちの身体は調えられていきますが、より快活で軽やかな、本来あるべき私たちの姿に立ち返るには、アーサナの力が大きな助けとなってくれます。そのため「さまらさの台所」では、レギュラークラスのヨーガ・瞑想クラスを並行して受講されることをお勧めしています。アーサナの実践は、自己治癒力を高めて身体の不調をなくし、心身を強く、しなやかな状態へと導いてくれます。また、アーサナによって身体の内側がプラーナ(気)に満たされ充実してくることから、食事の量や欲するものが自然と変わっていくことを、多くの方が体験されています。

Top of Page