継けることで必ず変容は起こる


治療院に来てくれている患者さん向けのクラスに、1年半ほど通ってくれているOさん。

数ヶ月前からシールシャ・アーサナの練習をするようになっていました。練習の度に私には無理と言っていましたが、練習は順調に進み、ここひと月ほどは足を伸ばす状態に挑戦していました。

クラスでお会いする印象では、Oさんは心身ともに良い状態に見えていたのですが、先日しばらくの間気持ちが塞ぎ込んでどうにもならない状態に陥ってしまったそうです。苦しくて何もする気になれず、家族にも当たってしまう。そんな自分に苛立ちさらに落ち込むという悪循環。それを断ち切りたくて、藁をもすがる思いでアーサナを始めたところ、シールシャ・アーサナで足が真っすぐに伸ばせて、しばらく保持できたとのこと。嬉しくてこの喜びを誰かに伝えたい、と真っ先にご主人に報告したら、良かったね、と一緒に喜んでくれたそうです。家族との関係も、練習し続けていたシールシャ・アーサナも、いろいろ一気に解決してすごくスッキリしました、と満面の笑みで話してくれました。

この方の場合、厳しい状況を打破したいという真剣な必死な思いが一点集中の状態を生み、シールシャ・アーサナの成功に繋がったのではないかと思います。

 

同じクラスに3年ほど通い続けてくれているSさん。

Sさんはクラスでしかアーサナできないのが課題でした。きつい形はすぐに戻してしまうことも多く、毎日実践すること、少しずつでも自分の限界を超えることの大切さを話してはみましたが、ご本人がやろうという気にならないとどうにもならないもの。とにかくクラスではリラックスして楽しんでもらおうと、ご自分のペースで無理のないように実践してもらっていました。

先日治療院に来られた際に、夜中何度も目が覚めてしまうと訴えられました。治療することで対応はできるけれど自分ですぐに対応できた方がいいから、1個だけでもアーサナをやってみてはどうかと提案しました。すると、寝る前にやろうとしたけれど、寝落ちしてしまうのが心配でできなかったとのこと。アーサナは1日のうちいつ行っても効果は同じだから、気が向いたら昼間のちょっとした時間にやってみてください、と伝えました。

そして次のクラスでお会いしたら、嬉ししそうに駆け寄って来られました。

あの後、私が伝えたことを気になりつつもなかなかやる気が起きず。でもやれてないことがどんどん気になってきて、昼間にアーサナしてみたのだそうです。結果、その夜は一度も目覚めることなくぐっすり眠れたそうで、家で自分でアーサナしても効果があるんだと驚かれていました。

ご自身と向き合って得られた今回の体験は、何よりも大きな気づきがあったと思います。

 

 

 

 

 








アーサナの目的は堅固で快適な身体を作ること。その目標に向かって進む課程で、心も変容していきます。

このお2人のクラスでの体験談は、それをしっかり物語っています。
いつどんなタイミングかは分かりませんが、続けて実践して行くことで必ずその変容は起こります。

これまで以上に素敵な笑顔になったお2人から溢れる歓びで、私もすっかり満たされました。

ハルシャニー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です