捧げるということ

先月、師の御聖誕祭が京都で開催されました。 今年は東京でともにヨーガをしている仲間たちと、師への感謝の想いをキールタンとして捧げる機会を頂きました。 8月から3ヶ月ほど、週に一度はみんなで集まり練習を重ねました。 それぞ […]

続きを読む →

キールタンの涙

すべての芸術の始まりは宗教的なものといわれています。太古の人たちは、自然界を動かしている目に見えない力に畏怖の念を抱き、それを形に表したいと願ったところから、音楽や絵画、彫刻、舞踊が生まれ、その作品に触れることで多くの人 […]

続きを読む →

カルマを超える

ヨーガにおいて「カルマ」という言葉をよく耳にしたり目にしたりします。 カルマという言葉のそもそもの意味は、行為する、ということ。 この自然界には「カルマの法則」が存在するとヨーガでは考えます。 その意味は「作用と反作用」 […]

続きを読む →

すべてを委ねる

私は患者さん向けのアーサナ・瞑想クラスをしています。 普段から治療院に通って来てくださっている方々に、それぞれの体調などを診ながら、自己メンテナンスとしてアーサナ・瞑想することをおすすめしています。 膝の痛みが完全には取 […]

続きを読む →

執着を無くしていく

これが無ければ人生をもっと軽やかに楽しく過ごせるだろうなというものを、ヨーガが教えてくれました。 それは執着。 最近2ヶ月位、執着について考えていました。 きっかけは、保育園で幼い子どもたちが遊んでいるときに起きた出来事 […]

続きを読む →