しなやかに背骨を伸ばす「猫のポーズ——マールジャーラ・アーサナ」


マールジャーラ・アーサナは、初心者の方も行いやすい形です。
マールジャーラ=猫。この形は、猫が伸びをする形を模しています。

①両手を肩幅に、両足をそろえて置く。息を吸いながら背中を反らせる。
②息を吐きながら腹部を持ち上げる。
③上体を太股の上に乗せて両手を前に伸ばす。尻を上げて両手、あごを床につけ、胸がつくところまで前に伸ばしていく。

 

このマールジャーラ・アーサナ、猫が伸びをする形に本当にそっくりです。猫は背骨が非常にしなやかなので到底人間は敵わないけれど、この形を行うことで人間も背骨をしなやかにすることができます。

肩関節が硬い人は、最初は③の形がきつく感じるかもしれません。両手を伸ばして行く際に両手の間隔を肩幅くらいで保つようにしますが、つい両手の間隔が広がりがちになります。胸を床にと言われても到底つかない、このままだと真っ平らになってしまう!と思われる方もいますが、初めはそれで構いません。
きつすぎる場合は①と②を繰り返しても背骨をしなやかにする効果があります。
①はおへそを床に近づけるようなイメージで反っていき、②はおへそを真上に引き上げるようなイメージで丸まります。
③は、吐く息とともに肩甲骨を床に押し下げていくようなイメージで行うとより形を深められます。

集中ポイントは、①と②はマニプーラ・チャクラ(へその部位)、③はヴィシュッダ・チャクラ(のどの部位)になります。

最初に書いたように初心者でも行いやすいので、アーサナすることが習慣になるにつれて簡単に感じるかもしれませんが、マールジャーラ・アーサは基本的なアーサナの中でも最も基本になると言えます。
①②はもちろんのこと、特に③をしっかり行うことで、他のアーサナも行いやすくなるので、やはり基本を大切にしっかり行いたいところです。

私はアーサナを始める1年ほど前に頚椎痛めていたので、①の反る形を行うと腕まで痺れてきつくて、何度か気が遠くなるような強い刺激を感じたことがありました。
無理しすぎない範囲で続けたことで、次第に痺れはなくなり、今では早朝にアーサナを行う時や、身体がこわばっているように感じる時にマールジャーラ・アーサナをしっかり行うとその後のアーサナがやりやすくなるので助かっています。

 

肩は人体で最も大きく動く関節です。
元々肩が動きづらい方もいますし、肩こりで動きづらくなっている方もいますが、マールジャーラ・アーサナを出来る範囲で地道に続けていくことで背骨がしなやかに動くようになり、同時に肩甲骨周囲の筋肉も柔軟になって肩こりが解消し、肩本来の大きな動きが可能になります。

私もいつか猫に負けないくらいしなやかになれるよう、これからもマールジャーラ・アーサナをきっちり行っていきたいです。

ハルシャニー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です