夏の1dayヨーガ合宿@相模湖たねまめ 2019


先週末の7月14日(日)、神奈川県相模原市にある『古家カフェ+ギャラリー たねまめ』さんで、「夏の1dayヨーガ合宿」が開催されました!

朝8:30にJR中央線の相模湖駅に集合。時折小雨の降る天候で、緑がよりみずみずしく感じられる風景の中、車でたねまめさんに向かいました。

今年で3回目となる合宿には、12名が参加。相模湖、新宿、吉祥寺のクラスに通っている人たちが一堂に会するのはこの合宿だけ。今回初参加の人もいたので、それぞれ簡単な自己紹介をしました。

自己紹介の後は、まず最初のプログラムであるヨーガ・瞑想クラス。

朝早めの時間はまだ身体が硬い状態だと思いますが、みなさん真剣にアーサナに取り組んでいました。

初めてシールシャ・アーサナや浄化法に挑戦した人もいて、写真撮影していても集中感がどんどん増していくのを感じました。

アーサナと浄化法をしっかり行った後の瞑想

続いては、キールタン。
『Jaya Bolo Sītā Rāma』と『Śrī Kṛṣṇa Govinda』の2曲を歌いました。
『Jaya Bolo Sītā Rāma』は昨年師の御誕祭で捧げるために練習を重ねた歌でもあるので、久しぶりに大勢で一緒に歌えてただただ幸せでした。
『Śrī Kṛṣṇa Govinda』は賛美歌のような荘厳な雰囲気がある歌。途中からみんなで声を合わせて何度も繰り返しクリシュナの御名を唱えていくうちに、みなさんより一層良い表情に。

キールタンが初めての人も何度も歌っている人も一体となり、歓びが溢れ出てくるようなひと時でした。

そして、お待ちかねのランチタイム!
通常営業の時のたねまめさんのランチでは食べられない、マハーヨーギー・ミッション特製ランチです!!

今回も野菜たっぷりのメニューの数々!バイキング形式で各自お皿に取り分けていきます

たねまめさんのお食事は見た目の美しさはもちろん、いろんな味を楽しめるように工夫してくださっていて本当に素晴らしいです。
食べている間中、「おいしい!」が飛び交っていました。

ビーツのスープ、大豆ミートの肉味噌、ナスと車麩の甘酢あん、インゲンとパプリカのスパイス炒め、八角とメープルシロップを使ったゴボウ炒め、トマトのコンポート

食後はお庭を散策したり、少しお昼寝をしたり、しばし休憩。

一息ついた後は、円座になってヨーガのお話をしました。
ヨーガの目的は、真実・本当の自分を知りそれを実現すること。
ヨーガを実践することで、少しずつ自分が変化していることを実感しているという話や、人生の目的がヨーガにあると気づけたことが良かったという話。ともにヨーガの道を学ぶ人たちの経験談はとても励みになります。

瞑想は30分間。瞑想の対象として、「真理」「本当の自分」「神」の3つが挙げられます。対象が特に決まっていない人は、今回は「本当の自分」を対象として、年齢や職業等の何らかの条件をすべて取り払った、そのものの自分に集中していく方法に取り組みました。

たねまめさんの空間の持つプラーナのおかげか、いつも以上に集中しやすかった、あっという間に感じた、などという感想がありました。

最後は作務の時間。
ヨーガといえばアーサナや瞑想をイメージする方が少なくないと思いますが、日常に置ける働きそのものもヨーガの1つとされており、カルマ・ヨーガ(=働きのヨーガ)と呼ばれています。このカルマ・ヨーガは目の前のことに集中して淡々と行うことが大切。
本来はお庭の草取りをする予定でしたが、雨天のため使わせていただいたお部屋をみんなで掃除しました。
掃除が終わった後の室内はより一層静まった雰囲気になったような気がしました。

掃除が終わる頃にきなこちゃん登場
見事なマールジャーラ・アーサナです

1日かけて様々なヨーガの味わいを楽しめるのも合宿の醍醐味。

始まる前はいろいろと盛りだくさんだから最後までしっかり集中しようと臨みましたが、始まってしまえばそんなことはすっかり吹き飛んで、みなさんと楽しく過ごすうちにあっという間に終わりの時間が来てしまいました。

                                        

初めて合宿に参加されたOさんからいただいた感想を紹介します。
「アクティブなみなさんと1日を過ごしてとても楽しかったです。
キールタンがすごく楽しくて、先生の伸びやかな声が素敵で心が解放されて幸せだなーと感じました。声を出すって気持ちがいいですね。突然の参加なのに、温かく迎えいれてもらってありがとうございました」

3年連続参加のHさんは、今回初めて雨が降る天候だったけれど、晴れている時にはないしっとりとした空気の中で過ごすのが心地良かったそうです。

そしてこちらも3年連続で、今回は京都から参加来られたCさんの感想です。
「気持ちの良い、満たされたひと時を過ごせました。みんなと静かな澄んだ空間でアーサナや瞑想を深めることができました。まさに夏休みの(楽しい)特訓ですね!ありがとうございました。ジリジリとほふく前進のように少しずつですが、「気づき」を目指して進んでいくぞ!!と決意を新たな新幹線の中でした」

最後にたねまめさんのオーナーSさんからは、こんな言葉をいただきました。
「雨の中しっとりとヨーガに浸った1日。
何よりお出しするお食事を美味しいと言って召し上がっていただけることが嬉しく、また来年も頑張ろうと思うのでした。ご参加の皆さまありがとうございました。作務で綺麗にしていただいて、この家も喜んでいるようです。また来年も楽しみにしています」
そんな風に感じていただけて私たちもとても嬉しいです。

1人で黙々とヨーガに取り組む時間はもちろん大切ですが、こんな風にたくさんの人たちと一緒に過ごしながらヨーガを深めていく場では、1人だけではけして経験できない学びが散りばめられています。

このような機会を持てたこと、参加できたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。

ハルシャニー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です