思い出の中から苦しみだけが消えていくこと


先日、京都からグルバイ(兄弟弟子)の男性が牟尼草庵に来てくれました!
普段京都でゆっくりお話する機会がなかなかないので、嬉しい機会となりました。

彼がヨーガに出会ったのは7年前。
私はその頃月一回京都のクラスに通っていました。初めて一緒にクラスに参加した時、ふと視界に彼が一所懸命にアーサナに取り組んでいる姿が入ってきて、気安く声が掛けられないような必死な印象を受けました。
今回聞いた話によると、ヨーガを始める一年半ほど前に様々な出来事が起こり、私がクラスでお会いした頃は苦しみの真っ只中だったそうです。
その後ヨーガの実践を続け、その苦しみがなくなった今、いつもこの上ないタイミングで良い変化が起きており、それは常に見守り導いてくださっている師の存在はもちろん、ともにヨーガの道を歩む仲間の存在によるものが大きかった、と話されていました。

今の彼には最初にクラスで会った頃の印象は全くありません。軽やかでありながら、何にも揺るがない軸がある。そんな印象です。→彼の寄稿したブログはこちら

チャイタニア来庵コーヒー

朝コーヒーを淹れてくれるチャイタニア

私も自分自身の身に起こった変化のことを思い返すと、あまりに絶妙なタイミングで物事が起こり、苦しみから解放されてきたと感じています。人それぞれ抱えている悩みや苦しみはそれぞれですが、ヨーガを学び実践し続けることでそれらを捨て去ることが可能です。後でその時のことを思い出そうとしても、一体何がそんなに苦しかったのか忘れてしまっているほどに。

その後いろんな話をしましたが、ところどころでみんなで大笑い。気づけば3時を過ぎていました。
苦しみがはがれ落ちると人はこんなにも晴れやかに笑えるのだと、みんなを見ていてつくづく感じた夜でした。

チャイタニア来庵1

ハルシャニーハルシャニー


1件のコメント

  1. 思い出の中から苦しみだけが消えていくっていいなあと思いました。ヨーガの実践と学びを深めていきたいと、今日もブログを読み強く思いました。

  2. 思い出(記憶)には様々な感情がくっついています。中でも苦しかったという思いは強く、いつまでも残ってしまうし、時として事実以上に大きく感じてしまいます。ヨーガの実践によってその苦しみが消えるってすごいことですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です