自分の呼吸と体に向き合う——本当の仕事とは何か?


こんにちは!シャルミニーです。
ずいぶん時間があいてしまいましたが、今日は年末に書いた記事の続編です。
(前回の記事→(「自分の呼吸と体に向き合うーアーサナ(ヨーガのポーズ)と集中」)
 
唐突ですが、皆さんは何を一番大切にして生きていますか?
本当に唐突ですね⁉︎
前回のブログで、私が多忙な毎日を過ごしていることに少し触れましたが、私だけでなく現代に生きる人の多くは〝忙しい毎日〟を送っているのではないでしょうか。
私は福祉関係の仕事をしています。どんな仕事でもそうだと思いますが、大変なこともたくさんある中でやりがいもあり、また仕事を通して新しい発見や勉強になることもあります。職場の同僚と喜怒哀楽を共にしながら、私なりに一生懸命仕事に取組んでいましたが、一年程前から状況が変わって業務量がそれまで以上に増え、残業も多くなり帰宅が遅くなる日が増えました。良くも悪くも⁉︎目の前のことに全力投球してしまうクセがある私は、気がつくとかなりオーバワークに。その結果、仕事でエネルギーを使い果して家のことがおざなりになってしまったり、前回書いたようにアーサナや瞑想ができない日も増えてしまいました。徐々に体力と気力が消耗されていくのがわかりました。
「この状況は私が本当に望んでいるものなのだろうか?今の生活の先にあるものは何なのだろう?私にとって一番大切なことは何なのか?」
再びこの問いが自分自身に突きつけられることになりました。
 
私の師はいつもこう問いかけられます。ーー「自分がどう生きたいのか」
 
そして、仕事について次のように教えて下さいます。
「世の中の人は職種にこだわりを持ったりするけれど、
他者を傷つけることがなければ、そんなものは何だってよいのだよ。
本当の仕事は、自己を実現することだ。
世間など気にしないで、自己を深めなさい。」
〜『ヨーガの福音』サットグル・シュリー・マハーヨーギー・パラマハンサの教え(http://mahayogi.org/pp/index.html)
 
 
多忙な日々の中で、私はヨーギニーとして〝自分がどう生きたいのか、そのためには具体的にどういうことが必要なのか〟を真剣に自分に問い直しました。すると複雑なように感じていた様々なことが整理されてきました。〝本当に大切な仕事〟のためにしっかり自分自身を使えるよう心身を整えておくこと。そのためにはやはり、日々のサーダナ(修練)や瞑想、休息するための時間だったりエネルギーが必要であること。また、家の中を整えたり、家族のために心を込めて食事作ったり、周りの人に対しいつも真摯な気持ちで向きあい、心からの笑顔を向けられること…等、それら生活のあり方や心のあり方、全てに気を配り整えることで自分自身が落ち着いた心でいられることに気が付きました。ずっと教えられていた通り、生活の全てがヨーガになっていくんだなぁという思いに至りました。そして、私は働き方を変えることを選択しました。
あぁ、私は本当に一歩一歩、自分で体験して実感しないと前に進めない性分なのでしょうか…苦笑。以前、師に質問をした時に「なかなか一足飛びにはいきません。一歩一歩です。」と教えていただいたことがありました。自分がもどかしくなることもありますが、一歩でも半歩でも1ミリでもいいから諦めずに毎日前進したいと思います。
 
一人一人それぞれの人が今置かれている環境や状況は違うと思います。選べる選択肢が限られてるように感じたり、実際にそれしか選べない時もあるかも知れません。ですが、日々の忙しさや生活に巻き込まれて〝自分が何のために生きてるのか〟〝自分が本当に求めているものが何なのか〟分からなくなった時、一度立ち止まり〝本当に大切なこと〟に向き合う時間を作ることはとても大切なことだったりするのかなあと思います。
この世に肉体を持って生まれた以上、私達はやはり有限の時間の中で生きています。全ての人にいつか必ず死が訪れます。それはもしかすると明日かもしれません。次の瞬間かもしれないのです。死の瞬間、私は自分の人生を振り返ってどう思うのでしょう…。その時〝本当に大切なこと、真実のために生きた〟と思えるように今日を生きたいと願っています。

 

シャルミニー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です