牟尼草庵2周年のお祝い


4月29日は東京に牟尼草庵ができた記念日、今年で2周年を迎えました。
いつも顔を合わせている人も、初めての人も、たくさんの方が牟尼草庵に集まり、遠くは京都からもグルバイ(ヨーガの仲間)が駆けつけてくれました!京都グルバイ

2周年記念のテーマは「featuringシャカ牟尼ブッダ」ということで、まずは2011年に上演された「The Story of Buddha」を上映。
ブッダ上映

私はもう何度も見ていますが、何度見てもはっとするところがあり、感動します。
これまでも瞑想専科で上映されることがありましたが、牟尼草庵では初上映。2周年記念ということもあり、今回は上映の最後にサプライズが!

お芝居の最後に出演者の皆さんが踊るボリウッド・ダンス?を、東京のクラスに通うメンバーの数人で披露しました‼︎ 映像はこちら
(実は昨年9月に一度このダンスを練習する機会があり、それきり踊ることがないと思っていたのですが、今回初お披露目することに(・・;))
ダンスの最後には、なんとブッダご本人が登場‼️ブッダ登場

まるで映像から飛び出てきたような演出に、一同大盛り上がり。そう、お芝居の中でブッダを演じているのは、牟尼草庵の住人でもあるサナータナさんご自身。今回久しぶりに衣装を身にまとい登場してくれたのです〜

サナータナ・ブッダ

そのままブッダを囲んでヨーガのお話をしました。お芝居の中で印象に残った言葉、それぞれの感想など、いろんな話が出ました。

お芝居の最後は、子供がなくなったことを受け入れられずにいた女性が真実に気づき、ブッダに弟子入りを志願し、ブッダが祝福を与えるところで終わります。そして「Jai!(神を讃える感嘆詞。意味は勝利あれ!栄光あれ!)」という言葉を合図にダンスが始まるのですが、出演者の1人でもあるジャヤデーヴィーさんは、演じた当初は感動的な場面の余韻が残る中、いきなり「Jai!」そして始まるボリウッドダンスにどんな風に気持ちを切り替えてよいか分からないところもあったそうです。でもその後は1人の人が悟りを目指す決意をすること、永遠の真理であるブッダの中に生きる、ということはとても吉祥なことで、「Jai!」がふさわしい瞬間だと思えるようになったそうです。(ちなみにジャヤデーヴィーというお名前はこの「jai」と「devi(女神)」が合わさった、「勝利の女神」という意味です。)2周年イベント1

この話を聞いて、ここにいる人たちはそれぞれ違う人生を歩んできているけれど、様々なきっかけでヨーガの道を歩み始めたことを実感し、それはこのこの上なく喜ばしいことなのだと思いました。

その後はお話が一区切りついたところで、軽食を食べながらの談笑タイム?インドサモサ・ロシュゴタ

サモサ(インドのスナック)、アップルラッシー、チャイ、インドスウィーツ、手作りスコーンなどどれもとってもおいしかったです(*´꒳`*)
普段はなかなか話す機会のない人同士で話すのは新鮮で楽しい時間です。あっという間に時間が経ち、2周年記念の会も終盤へ。

ナンディニーから祝辞がありました!
ナンディニー祝辞

牟尼草庵への感謝の思いにあふれた素敵な祝辞でした。

そして彼女の作詞作曲による歌のお披露目も!アーサナと瞑想のことをわかりやすく説明した内容の歌詞をアカペラで歌い上げる様子は圧巻でした‼︎

大いに盛り上がったところで、最後にキールタンを歌いました。曲は「Manasa Bhajare」。キールタンが初めての方もいましたが、みなさんが笑顔で歌う姿は素晴らしかったです。
牟尼草庵2周年キールタン

牟尼草庵2周年キールタン前

いつもは壁に掛けているサハスラーラ・チャクラを天井絵に。

会はここでお開きになりましたが、ほとんどの方が会場に残っていたので、楽しい宴はしばらく続きました♪
なんとみんなでボリウッド・ダンス?を踊る展開にも!
当日の練習風景はこちら
歌ありダンスありの宴は1時間ほど延長して終了、本当に楽しくて、その余韻はずっと会場内に漂っていました。
ヨーガを始めたばかりの頃は、長年実践されている先輩方はいつも落ち着いていて穏やかな方が多いと感じていましたが、続けていくうちにそうではない場面を目撃することが増え、もう大人なのに思いっきり遊んでいる姿驚いたことは一度だけではありません。それが仕事であれ遊びであれ、どんなことにも本気で全力で取り組む姿は見事としか言いようがなく、私もいつかそんな風になれたらいいなあと憧れていました。
今回全く得意ではないダンスをすることになり、三半規管が弱い私は少し回るだけで気分が悪くなるという始末でしたが、みなさんからの熱心なご指導もあり、なんとかやり遂げることができました。最初は辛かったけれど、練習を重ねるうちに楽しくなり、本番では何も考えずに踊っていたような気がします。踊っている間も、終わった後も、ただ楽しいという感覚だけありました。
自分ではよく分かりませんが、下手でもいいから思い切りやる、ということを初めてできたのかもしれません。これを機にもっともっと本気で遊べるように、いろんなことに挑戦していけたらと思っています。

林さんと

台湾から来られた林さんと一緒に記念撮影

3年目の牟尼草庵にも乞うご期待を☆

ハルシャニー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です