ヨーガの料理教室「さまらさの台所」〜春色を楽しむレシピ〜


隔月開催のヨーガの料理教室「さまらさの台所」に参加しました。
今回は春野菜を使ったレシピ3品でした。
・ブロッコリーのペンネ
・大根とにんじんのサラダ
・じゃがいもと新玉ねぎのスパニッシュオムレツ
20170322さまらさペンネ
ブロッコリーは年中見かける野菜の一つですが、旬の時期は晩秋から春先です。
今回のペンネは茹でて潰して和えるだけで完成する簡単さ!
春らしい鮮やかなグリーンを目で楽しみ、ブロッコリーの甘さを味わえる一品です。

サラダは、千切りにした大根とにんじんを塩もみするだけのシンプルさ。サラダとしてだけではなく炒め物などにも使える優れものです。
大根も年中見かけますが、この季節になると春大根が出回るようになります。今回は春大根ではないものの方が新鮮だったとのこと。「春」とついているからと飛びつかず、きちんと野菜の状態を見極めて買うことも大切だと思いました。

スパニッシュオムレツに使った新玉ねぎや新じゃがいもはみずみずしくて甘くて、塩こしょうのシンプルな味付けが甘さをより引き立てていました。仕上げにかけたパルミジャーノチーズがアクセントでいい感じ。温かくても冷めてもおいしいので、お弁当のおかずにも最適ですね。

20170326さまらさりんごの飾り切り

余った時間でりんごの飾り切りを練習中(中にはためらい傷のあるりんごも・・・ドンマイ!)

今回のレシピは、2人分ほどの量だと30分以内で3品すべて作れるそうです。時間をかけて作る料理もおいしいですが、短時間でできてしかもおいしい料理は、あっという間に過ぎていく時間を有意義に使えるようにしてくれます。

 
ヨーガでは「気」のことをプラーナと云い、3種類の性質があります。食材を含め、すべての物事がこの3種類の性質で表されます。
・サットヴァ性・・・清浄を性質とし、身体を浄化する(穀物類・野菜・果物・木の実・海藻類・はちみつ・茶・豆乳・乳製品)
・ラジャス性・・・刺激を性質とし身体を活性化させる(ねぎ・玉ねぎ・香辛料・卵・魚介類・コーヒー・紅茶・チョコレート)
・タマス性・・・生臭を性質とし、心身を乱す(ニラ・にんにく・肉・インスタント食品・アルコール)心身をより良く保つために、良質のサットヴァ性食材を主にとり、ラジャス性食材を適度に加え、タマス性食材は避けるようにします。
(今回のレシピもサットヴァ性食材が主で、程よくラジャス性食材が加えられています。)
作っている時は楽しく、食べている時にはおいしくて幸せいっぱい、食べ終わった後は清々しい気分になる。サットヴァ性とラジャス性のバランスを考えたさまらさレシピならでは、といつも感心するところです。

ところで、今回はとってもかわいらしい受講生が新たに1人加わり、賑やかで楽しいひと時が過ごせました。

20170326さまらさ台所つむぎくん

つむぎくん(3歳)と妹のゆきちゃん(4カ月)。いろんなことにチャレンジしましたね。

通常はプロッコリーを包丁で切るところを手で裂いてくれたり、卵を割ったりしてくれました。
子供は大人に比べてサットヴァ性が強く現れることが多いと思うのですが、彼の無邪気さにつられて大人たちのサットヴァ性も増大していったような気がします☆

20170326さまらさつむ君盛りつけ

自分でお皿に盛りつけして、いただきます!

今年の桜はゆっくり開花しているので、景色が桜色に染まるにはもう少しかかりそうですが、桜に限らず花々の美しい姿からもサットヴァ性を感じます。
身体の内側からも外側からもサットヴァになっていけるように、毎日の食事を大切にとって、美しい春景色を満喫したいです♪

ハルシャニーハルシャニー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です