新しい年に向けて—キールタン・ワークショップをします!


2017年もあと残りわずかですね。吉祥寺・牟尼草庵に来て3年目のお正月を迎えようとしています。
毎年この時期になると近くの井の頭公園の中にある大きな池(弁天池)は「掻い掘り(かいぼり)」と呼ばれる作業の準備に取り掛かります。かいぼりとは池の水や泥を抜いて、天日干しして、そこからもう一度水を入れる作業のこと。それによって池のお掃除や海洋生物の生態系保存や水質改善などを行う目的があるそうです。
最初は池の底が見えていくおどろおどろしさと、水気のない公園に少し淋しい気持ちになりましたが、その後新しい水が入り、魚たちが戻されると、水面はキラキラと輝き出し、池はもう一度息を吹き返していくのです。心なしか公園全体もリフレッシュ。
またその間、池に浮かぶSWAN(白鳥ボート)たちが陸に上がって羽を一休みしている姿も微笑ましいものです。

ヨーガにおいても、自分の心という器にいろんなものがごちゃごちゃと入ったままの状態では、いくら真理の教えを注いでも溢れてしまうといわれています。まずは自分の器を空にすることで、新鮮な教えがどんどん注ぎ込まれ、真理で心を満たすことができるのでしょうね。年末の大掃除と一緒に心の掃除もしておかねばと思う年の瀬です。

 

さて、新しい年のお知らせです。
2018年の幕開けは吉祥寺・牟尼草庵を飛び出して、いつもとは違う場所でキールタンのワークショップを開催します!
1月、2月、3月とそれぞれ西へ東へ、お隣の駅へとご縁のある場所へ、キールタンをまだ知らない方にもぜひ触れていただく機会になるといいなと思っています。


 

2018年第一回目の会場は、西八王子にある素敵なイベントスペース ”Polaaris (ポラリス)”さん。
こちらの場所はヨーガの仲間・シャルミニーのお知り合いで、相模湖ヨーガサークルのメンバーとも縁の深い方が運営されています。深いグリーンの壁が印象的ですね。

 

 

 

キールタンは神さまの名前や神の栄光を何度も讃えるインドの伝統的な歌です。インドの人たちはこうやって神に近づき、神を愛し、信仰を育んできたんだなと感じます。

ワークショップの中ではハルモニウムといわれるインドのオルガンや太鼓や鈴などの楽器とともに、美しいメロディーに合わせて、リードと参加者全員で繰り返し歌っていきます。とてもシンプルな歌なので、耳にして、何度か繰り返す中で歌えるようになりますよ。もちろん歌詞の意味や読み方、その背景にあるインドの神のこと、愛や信仰についてもお話しします。

 

素敵なイラスト付きのカードをお配りします

 

何よりキールタンを歌うことで、心を神の御名でいっぱいに満たしてほしい、そう思います。キールタンは神に近づき、神に触れ、神を愛する具体的な行為です。ただキールタンを繰り返し歌う中で自ずと余分な思いはすり落ちていき、自らの中にある純粋な愛が呼び起こされます。その時、神は遠くにいるものではなく、私たちの中にあること。それこそが本当の自分自身であると気づくでしょう。

 

 

神と魂を結ぶ愛の歌——キールタンを歌うワークショップ。
ぜひ実際に体験してみて下さい!

 

日 時 : 2018年1月21日(日) 13:00〜15:00
場 所 : イベントスペース ”Polaaris(ポラリス) ”
八王子市並木町28−1
JR中央線 西八王子駅
https://polaaris.storeinfo.jp/
参加費 : 2500円 ※お茶付き
会場への直接の問い合わせはお控えください。

application-button

 

2月・3月の予定は以下の通りです。

●第二回
日 時 : 2018年2月18日(日) 13:00〜15:00
場 所 : カフェと印度家庭料理”レカ” 2階 江戸川インド文化センター
東京都江戸川区東葛西6-23-11
東京メトロ東西線 葛西駅
http://www.rekacorp.com/
参加費 : 2500円

 

●第三回
日時 : 2018年3月18日(日) 13:00〜15:00
場所 : 信愛書店 スペース”en=gawa”
杉並区西荻南2-24-15
JR西荻窪駅
http://kouenjishorin.jugem.jp/?pid=1
参加費 : 2500円

 

 

では今年も1年間、本当にありがとうございました。新しい年が歓び溢れる年となりますように。
よい年をお迎えください。

 

ジャヤデーヴィー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です