『瞑想とその方法』⑯—スワーミー・ヴィヴェーカーナンダ著


←はじめから読む

心とその制御

瞑想はこうした波が起こるのを制御する偉大な方法の1つである。瞑想によって、このような波を抑えることができる。そして何日も何カ月も何年も瞑想を続けて、それが習慣になり、やろうと思わなくても思わず行うようになると、怒りや憎しみは制御され、食い止められるようになるのである。(「全集」第1巻242-243ページ)

⑰へ→