『瞑想とその方法』⑰—スワーミー・ヴィヴェーカーナンダ著

vivekananda in meditation

←はじめから読む

注意せよ!

信仰深くなっていることの最初のサインは、気持ちが陽気になっていくことである。暗い気持ちでいるのは胃の消化不良ではあっても、宗教ではない。

ヨーギー(ヨーガ行者)にとって、すべてはこの上ない喜び(至福)であり、目にする顔はどれも楽しい気持ちを運んでくる。それが徳の高い人の兆候なのだ。不幸は罪から生じるのであって、それ以外に原因はない。曇った顔に何の用があるだろうか? 恐ろしいことだ。もし暗い顔をしていたら、その日は外出せずに部屋に閉じこもっていた方がいい。何の権利があって、この病を世界に持ち出すというのか?(「全集」第1巻 264-265ページ)