『ヨーガ・スートラ』第2章 “実践章”

『ヨーガ・スートラ』とは、ヨーガの教え・哲学とそれを実現するための方法を記したヨーガの根本教典です。紀元前3世紀ごろから編纂が始まり、紀元後500年ごろに現在の形で成立したと考えられています。 全4章にわたり195のスー […]

続きを読む →

私はなぜ私として生まれたのか(Yogasūtra2.13)

煩悩という根源がある限り、蓄積された業の報いとして、生まれや寿命、苦楽の経験がある。 僕はなぜ生まれてきたのか? 隣の○○君ではなく、なぜ僕として生まれてきたのか? 僕が僕ではなく、隣の子として生まれていたとしても何も不 […]

続きを読む →

瞑想の真実—人生を賭けた勝負(Yogasūtra2.11)

煩悩が心の意識される部分で作用を及ぼしていれば、瞑想によって取り除かれるべきである。 「転ばぬ先の杖」なんていって、私たちは苦しい経験をする前にそれを避けたいと思うわけですが、通常それを完全に行うのは不可能です。それが初 […]

続きを読む →

心とエゴがなくなった自由(Yogasūtra2.10)

煩悩が潜在意識下にある微細な状態にあれば、心を無に帰して原初の状態に解消する逆展開によって取り除かれるべきである。 瞑想は心の意識的な部分で行うものなので、煩悩が潜在意識下にあって、まだ表に現れていない場合には取り除くこ […]

続きを読む →

死の恐怖を形成するもの(Yogasūtra2.9)

生命欲は、自ずと備わり継続するもので、賢者にも同じように起こる。 生命欲というのは裏返せば、死の恐怖ということです。誰もが死を恐れます。しかし、なぜ死を恐れるのか、死の恐怖とはいったい何なのかについて知っている人は、まず […]

続きを読む →

執着のない生き方(Yogasūtra2.7)

貪欲とは、快楽に執らわれることである。 やっぱり快楽には執らわれますよね〜😅 誰もが。でも私たちもバカではないですから、人生の経験から学ぶわけです。快いこと楽しいこともいつかは終わってしまう、それどころか […]

続きを読む →

自我意識(エゴ)の正体(Yogasūtra2.6)

自我意識とは、純粋に見ているだけの真実の自己の力と、見る作用を行っている心の力が、まるで一体であるかのようになっていることである。 覚者シュリー・ラーマクリシュナは自我意識を、料理するフライパンの上で火にかけられて飛び跳 […]

続きを読む →