台湾サットサンガ速報 <浄常楽我の教え>

現在、師は台湾をご訪問中で、台北市内にてサットサンガが行なわれています。昨日4月20日(土)は2度目のサットサンガが開催され、初めてヨーギーに会う参加者も何人かおられました。

サットサンガの後半、「無知というのは四種類ありますが、その内容を教えていただけますか」という質問がありました。それに対してヨーギーは「漢字を書いた方が分かりやすいかな、ここ(台湾)では」とおっしゃり、通訳上準備していた紙とペンを取られ、文字を書かれました。

 

「これは真実を表す言葉」とおっしゃって、サットサンガ内でヨーギーが書かれた教え

そしてペンで一つずつ文字を指し示しながら、力強く教えを説き始められました。

「人はみな幸福を求めています。そこには浄らかで完全なものを求めているけれど、しかしいつもこういう不浄なものになってしまう。この体も心も世界も、永遠ではない。しかし、心は夢のように永遠をこの世界の中に求めてしまう。幸せを求めていたはずなのに、いつも結果は苦しみになる。本当の私だと思っていたのは、実はエゴという心であって、本当の私ではない。これらは心がつくりだす間違いをいいます。これが無知の4つの柱です。
ここからさまざまな欲望が生じてそれに執着をするーー煩悩ですね、煩悩が生まれる。そして反対に煩悩という欲望への執着が苦しみを招いてしまう。それは求めていたものが間違っていたから。ヨーガというのは、真実を学ぶことによって、そして同時に心にあるかもしれない間違いをなくしていくことでもあるのです。その結果解放されるのは、実は心なのです。真実というものは、もうすでにあるわけですから」

後ろの方に座っていた参加者たちの中には、ヨーギーの書かれた教えを見ようと、途中で立ち上がっていた方もおられたそうです。誰もが真剣な表情で見入り、ヨーギーの言葉に耳を傾けていました。

サットサンガ後、参加者たちからは、「今まで教えは知っていたけれども、ヨギさんから聞いて初めてとてもよく理解ができた」「サットサンガがすごく楽しかった!」という多くの喜びの声が寄せられていました。

23日(火)には、今回のご滞在最後のサットサンガが開催されます!

mirabai  from Taipei

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です