呼吸機能を高める——マッチャ・アーサナ(魚のポーズ)


マッチャ・アーサナは、胸を高く上げる形です。
日本語では魚の形。完成ポーズを横から見ると、魚の形に似ているのが分かります。

 

 

①パドマ・アーサナで仰向けになる。
②ひじを床に置き、息を吸いながら背中を伸ばし、足をつかんで胸を高く上げる。
③ひじを床に置き、息を吐きながら戻す。

パドマ・アーサナができない場合は、足を伸ばし、つま先を立てて行ないます。
手は太ももの上に置きます。
足を伸ばして行う場合は、つま先が立った状態を維持することが重要になります。プラーナを逃がさずより充実させるためです。

パドマで行う場合も足を伸ばして行う場合も、頭頂部を床に付けることがポイントです。首の緊張やコリがある場合はうまく付かないことがありますが、首への刺激を強く感じる時は無理をしすぎないようにします。

 

集中ポイントはアナーハタ・チャクラ(心臓の部位)。
アナーハタチャクラのある胸の部分がより高い位置になるように形を作ります。
その際、つい肩に力が入りがちです。胸を高く持ち上げたら肩先の力を抜くように意識します。そうすることでより胸が大きく広がって深く吐ききれるようになります。
(ちなみに私は肩の力が抜けづらく、何度も指摘を受けたことがありますが、肩先をリラックスさせるようにすると自然に力が抜けて途端に呼吸が深くなったことに驚きました。)

息を吐ききる、というのはできそうでできないものです。どこまで吐けば吐ききれるといえるのか。それは頭で考えてできるようになることではなく、とにかくやりながら体感していくことです。
体感できるポイントとしては、おなかをしっかり凹ませながら吐けているかどうかがありますが、マッチャ・アーサナは仰向けの状態で行うため、吐く息とともにおなかがしっかり凹んでいるかどうか確認できると思います。
おなかが凹む=おなかの中が空っぽになる、それを体感しやすい形です。

 

 

どのアーサナも続けていくと呼吸が深まりますが、マッチャ・アーサナは特に呼吸機能を高める効果があります。
喘息などの呼吸器の疾患がある方にもおすすめです。(喘息の発作が出そうな時にマッチャ・アーサナを行うと楽になったという体験談を聞いたこともあります。)
寝る前にこのアーサナを行うとよく眠れるという方もいます。マッチャ・アーサナで胸を大きく広げることで肺の機能を大きく使えるようになるため、より深い呼吸が可能になり、自律神経が調うことが考えられます。また、首の後ろ側には睡眠時に優位になるとされている副交感神経のセンターのようなものがあり、そこが適度に刺激されるのが快眠効果につながっていることも考えられます。

これから本格的に風邪が流行する季節を迎えます。
マッチャ・アーサナで呼吸機能を高めて、より質の高い睡眠をとることで風邪予防に役立ちますので、ぜひお試しくださいね。

ハルシャニー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です