アーサナは目的ではなく手段


今月から土曜日のヨーガ・瞑想クラスが吉祥寺のスタジオ アムリタに移り、2回目のクラスが行われました!
この日は全国的な寒波の中、東京も時折小雪がちらつく本当に寒い日でしたが、そんな寒さをものともせずいつものように次々と皆さんが集まって来られました。皆さん、本当に熱心です!
クラスが始まりアーサナ(ポーズ)が進むにしたがって、真剣にアーサナに取り組まれる皆さんの熱気で外の寒さを忘れてしまうほどでした。

 

 

先日、クラスの講師を担当されているジャヤデーヴィーさんとお話をしてる時に、また改めて教えていただいたことがありました。
それは、アーサナについてのアドバイスだったのですが「基本の形やポイントに気を付けることはもちろん必要だけれど、形にこだわってキッチリすればいいというものではなくて、言葉で表現しにくいけれど…アーサナって、もっと大胆でダイナミックなもの」という内容でした。
私にはもともと〝こうあるべき〟と思ってしまうクセがあり(※「私が本当のヨーガに出会うまで」の第2回をご覧ください)、ヨーガを学ぶ中でその傾向は実際ずいぶん軽減されたのですが、やはりまだどこかにそれが残っていて自分でも気が付かないところで、ひょっこり顔を出しているのだなと思いました。

私たちの師はいつも「アーサナはヨーガを成就するための〝手段〟であり、決して〝目的〟ではありません」と言われます。
形に捉われるのではなく、アーサナという〝手段〟を通じて、大胆に自分自身に挑んでいく。するとそこに〝タパス=熱〟が生じ、そのタパスによってプラーナ(気)が活性化し、心や体やさまざまなものが浄化され大きく変化していく。そう、ヨーガってすごくダイナミックなものだった!知っていることで安心してしまいがちだけれど、それをいつもイキイキと自分の内側で輝かせておかないと意味がないのだ、と改めてそう思いました。

 

 

まだまだ寒い日がが続きますが、寒さに負けないくらい熱いハート♡でクラスの皆さんと一緒にヨーガに取り組んでいきたい思います。

シャルミニー 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です