バクティ・サンガム〜キールタン


三月もはや中旬を過ぎ、東京では可愛らしいソメイヨシノの蕾が日毎にふっくらと膨らんできています。今年も桜の季節がもう目の前ですね🌸

 

さて、2月と3月に開催されたバクティ・サンガムのご報告です!

2/17(日)、この日はとっても嬉しいことに台湾のヨーガの仲間マールラーが参加してくれました。マールラーは師の御聖誕祭の時、東京のグルバイが奉納させていただいたキールタンをみて、「東京のバクタ(!)といつか一緒に歌いたい」と思って下さったそうです。(御聖誕祭の時の様子は→こちら )今回、来日中の忙しいスケジュールの合間をぬっての参加とのことでしたが、最初から最後まで皆と一緒に泣いたり笑ったり、国を超えてキールタンの歓びを分かち合うことができた本当に素晴らしい時間でした!

 

そして、私は2月3月と続けて「Sri Ram Adi Ram(シュリー ラーム アディ ラーム)」というキールタンのリードをさせていただきました!マールラーからも〝楽しかった!〟と感想をいただいたこの曲は、ゆったりと鷹揚なメロディーが原初の海や、宇宙の始まりをイメージさせて、歌っていくうちにこの宇宙を展開した神そのものがこの世のありとあらゆるすべてのものに浸透し、隅々まで神によって満たされているのを感じる私の大好きな曲の一つです。

 

 

聖ラーマは始まりであり
また、天地そのものである
時のはじめ、ラーマは起源
聖者たちラーマの御名を唱えた
バクタたちはラーマの御名を唱えた

 

MYM東京のバクティ・サンガムの今期シリーズは3月で終了となり、4月からは気持ちも新たに新シリーズが始まります!今回は全6回にわたり「TANTROKTAM DEVISUKTAM(女神への讃歌)」を中心に歌っていく予定です。
インドにはたくさんの女神がいますよね。女神はシャクティと呼ばれるすべてを生み出す大いなる力と結びついていると考えられていて、美しさや豊かさ、慈愛深さの象徴と同時に、なんとも恐ろしい形相を見せたりとさまざまな面を持っています。毎回、そんなダイナミックで興味深い女神のお話に触れながら、いろんなキールタンも歌っていきたいと思います。どうぞお楽しみに!

バクティ・サンガムとキールタンについては→こちら
お問合せ、参加のお申込みは→こちら

シャルミニー 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です