三つ葉とふんわり玉子の丼

さっと作れて旬を味わう丼

三つ葉丼

調理時間:5分
主な食材:卵、油揚げ、三つ葉

材料(1人分)

  • ご飯……茶碗一杯分
  • 三つ葉……1/2束(15g)
  • 油揚げ……10×4cm
  • 卵……2個
  • 水……50cc
  • 砂糖……少々
  • 薄口醤油……小さじ2

作り方

1 三つ葉は根を切り落としてよく洗い、葉と茎を分け、茎は4cmに切る。油揚げは1cm幅に切る。

2 卵はボウルに割り入れ、溶いておく。

3 鍋に分量の水、砂糖、薄口醤油を入れて中火にかけ、煮立ち始めたら油揚げを入れる。

4 油揚げがしんなりして味がしみ込んだら、三つ葉の茎を入れる。さらに溶き卵の半量を回し入れ、大きく全体をかき混ぜる。

5 卵が半熟の状態になったら、三つ葉の葉を入れ、残りの溶き卵を回し入れる。卵が半熟になるまで火を通し、ふわっとしてきたら火から下ろす。

6 鍋肌から滑らすように、器にもったご飯の上にのせる。

ここがポイント!

三つ葉のさわやかな香りには食欲増進、消化促進などの有効成分が含まれる。加熱しすぎて香りが飛ばないようにするとよいでしょう。

 

京都には衣笠丼というものがあります。お揚げとおネギ(九条ネギ)を卵で綴じ、ご飯にのせた丼のことを言い、子供の頃からしょっちゅう食べている定番メニューです。今回はネギを旬の三つ葉に代えることで、香りと味わいで春を感じてもらえると思います。 だしをたっぷり吸い込んだお揚げの旨味が美味しさの秘訣でもあります。 とにかくあっという間に出来上がる時短メニューです。さっと作ってパッと食べる! 時間を有効に使いたい時にオススメです。

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL