大根飯

お揚げの香ばしさと冬大根の甘みが美味しい炊き込みご飯

大根飯

調理時間:60
主な食材:大根、油揚げ

材料(2人分)

  • 米…2合
  • 水…360cc
  • 昆布…5×4㎝
  • 大根…140g
  • 油揚げ…12×12㎝
  • 薄口醤油…小さじ2

作り方

1
炊飯器の内釜に洗った米、分量の水と昆布を入れ、30分ほど浸けておく。

2
大根は皮の汚れた部分は包丁で取り除き、厚さ5mmのいちょう切りにする。

3
油揚げは焼き網やグリルを中火で熱してから乗せ、軽く焦げ目がつくまで両面を焼く。粗熱がとれたら1cm角に切る。

4
2と3、薄口醤油を1に入れ、軽く混ぜて炊く。

ここがポイント!

大根とお揚げだけで作るシンプルな炊き込みご飯ですが、美味しくするポイントはお揚げを焼いてから炊き込むこと。焦げ目がつく程度に焼いておくと香ばしく、お揚げと大根それぞれの味が引き立ちます。

お揚げは網、トースター(アルミホイルを引く)、魚焼きグリル、フライパンなどで焼くことができる。
焼いたお揚げを1cm角に切って炊飯器に入れる。

 

スーパーでも旬の大根がずらりと並ぶ季節になりました。京都では八百屋さんや、軒下に野菜を並べて売っているところをまだまだ見かけます。そんな大根は立派な葉付きがほとんど。この時季葉付き大根を見かけたらぜひ買って、葉も調理して食べてください!! なぜなら、もっと寒くなって霜が降りるようになると、大根の葉は悪くなるので切り取られ、葉付き大根を見かけることはなくなるからです。大根の葉はとても栄養があり、少し辛味があって味が濃く、本当に美味しいです。いちばん簡単な調理法は、細かく切って塩もみする、あるいは油で炒めて塩で味を調えるというものですが、今回の大根飯に混ぜ込んでもきっと美味しいですよ!

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL