里芋の煮っころがし

ほくほくの食感が美味しい、里芋の定番料理

調理時間 30分(下準備の時間は除く)
主な食材:里芋

材料(作りやすい分量)

  • 里芋(皮付き)……400g
  • 昆布だし……200cc
  • 本返し……大さじ2と1/2

作り方
<下準備>
里芋は洗って、乾かしておく。

1
里芋は皮をむき、食べやすい大きさに切る。(ここがポイント・六方むき参照)。

2
昆布だしに1と本返しを入れて中火にかける。煮立ったら落としぶたをし、少し火を弱めて15分ほどことこと煮る。

3
里芋に竹串がすっと通るぐらいになったら、落としぶたを取り、静かに鍋をゆすり、里芋に残りの煮汁をからませて、照りが出てきたら火を止める。

*一晩おくと、味が浸み込み美味しさが一層際立つ。

ここがポイント!

皮むきのポイント

里芋のぬめりには、栄養があります。一方で、ぬめって皮がむきづらいため、料理にあった皮のむき方を工夫しましょう。

  • ぬれた状態だとぬめるため、洗って乾かしておく、またはペーパータオルで水気を取ってむくとよい。
  • 皮ごと蒸す、またはゆでると、つるりと手でむくことができ、ぬめりや旨味が残る。
  • ぬめりが苦手な場合には、皮をむいてから、塩もみするとぬめりが取れる。

六方むきのポイント

 

里芋里芋は種芋を植え付けると、その上に親芋がなり、親芋に小芋、その次に孫芋ができます。里芋の葉柄を芋茎(ずいき)と呼び、葉柄は緑色の茎と赤色の茎とがあります。赤色の茎はあくが少なく食用とされています。 京都の北野天満宮のお祭りに「ずいき祭り」というものがあります。一年の五穀豊穣を感謝するお祭りで、芋茎や、なす、栗、柿、稲穂といった果物や野菜で作られたお神輿が御旅所に飾られます。

 

 


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL