サットサンガ(真理の集い)

私という存在は何なのか。
人は何のために生きているのか。
本当の自由、真の愛とは――

ヨーガは、真実に目覚めるための数千年の古代から伝わる霊的な道です。道を求める者たちは、真実の教えを求め、生涯をかけてグル(師)を探したといわれています。ヨーガを学ぶには、ヨーガを成就したグルが不可欠です。グルの下では自ずと求道者の心は静まり、速やかにヨーガを修得することが可能となります。そのような言葉を超えたグルの導きは、道を歩もうとする私たちにとってはかけがえのないものとなります。

サットサンガ(真理の集い)とは師を囲んでの神聖な集まりのことであり、師から直接教えを授かる最も大切な学びの場として位置づけられています。
マハーヨーギー・アーシュラマでは、1976年に開設されて以来、たくさんの訪問者や弟子たちが集まり、真理やそれを実現する道、また人生の難問や悩みについての問答が繰り返されてきました。師はニューヨークや大阪、ヨーロッパ諸国でもサットサンガを開かれ、国籍を問わず多くの人々が師から教えを授かり、道を歩む力としてきました。本来、人に洋の東西はなく、心の苦悩も同じなら真理も同じ、一つのものなのです。

京都 サットサンガ マハーヨーギー・アーシュラマ

定例サットサンガ
毎月第2土曜日 18:30~

*2019年4月より第1土曜日に変更となります(5月は第2)。

日程は変更になる場合がありますので必ずスケジュールをご確認ください。

京都市生涯学習総合センター(京都アスニー)
京都市中京区聚楽廻松下町9の2

定例サットサンガはどなたでもご参加いただけます。
ドネーション(寄付、布施)については、下記をご参照ください。

その他、ご要望に応じて行なっていますので、希望される方はお問い合わせください。

 


ドネーション(寄付、布施)について

マハーヨーギー・ミッション(MYM)へのドネーションは、シュリー・マハーヨーギーの教え、永遠の真理を人々に広く開示し、伝えていくための活動資金とさせていただきます。

ドネーションは、古来インドでは寺院などに対して一般的に行なわれており、目安としては月収の10%程度(ひと月において)だといわれています。本来は個々人の真意で行なうものですが、日本ではあまり馴染みのない習慣であり、正しくドネーションの行為を実践できる人も少ないため、MYMでは現代日本の経済事情も勘案してドネーションの金額を設定させていただいています。

ドネーションは基本的には月ごとに納めるシステムをとっています。詳しくは、お申し込みの際にメールにてご案内させていただきます。また、MYMではドネーションを固定化しているわけではなく、個々人の経済状況に応じて対応させていただいています。ご不明な点、ご質問やご相談などありましたらお気兼ねなくお問い合わせください。

ドネーションの振込を希望される方は、予めご連絡をお願いいたします。