ある朝の話

恥ずかしさや高慢さ、自分では把握しきれない何かが神と距離を作っている気がして、それをどうしたらいいのか分からず悶々とする日々が続くが、神以外に喜びは見出せない。

朝早くに目が覚めて、布団の中で『ラーマクリシュナの福音』を読み、一つの聖句が目に留まる。

1人の信者が一枚の葉にラーマの御名を書き、海を渡ろうとする友に与えてこう言った。『恐れるな、わが友よ。信仰を持って、深いところも歩いて渡りたまえ。しかし、いささかでも信仰に欠けたふるまいはせぬよう気をつけたまえ。そうすると溺れるから』男は木の葉を着衣のひだに結びつけ、海の上を歩いて行った。途中、かれは何が書いてあるかを見たいという願望にかられ、葉を取り出して、そこにラーマの御名が大きく書いてあるのを見た。『ただラーマの御名!これだけか』そう思った瞬間、かれは海に沈んだ!

師であるヨギさんを思って「ヨギさん・・・」と呟き、また眠くなって本を閉じる。夢を見る。サットサンガだ。たくさんの人がいる。私はヨギさんのお顔がしっかりと見える場所を探す。しかしヨギさんのお顔が前の人たちであまり見えない。

すると突然、ヨギさんが私の前に顕れ、囁かれる。

『遅くなったね』

ヨギさん自ら近づいてくださり、祝福をいただいた!

その瞬間、心は安堵し、歓びで満たされていく。甘く優しい、至福のとき。

やがてヨギさんのお姿は見えなくなり、私は宙を舞う。身体がビュンビュン飛ぶので恐怖感が出てくる。ラーマクリシュナの言葉を思い出す。少しでも神を忘れたら、海に沈むのだ!必死に神に留まろうとする。すると滑らかに飛ぶ感触があった。

しばらくして通常の世界に戻り、思った。

神はずっとずーっと愛してくださっている!!!!!!

                                                                                                                                           アマラー


ある朝の話」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です