サットサンガ」カテゴリーアーカイブ

台湾特別サットサンガより 〜歓びの声〜

先日、シュリー・マハーヨーギーが初訪台された時のサットサンガの様子を、台湾のグルバイ、プリヤーが素晴らしい筆致で寄稿してくださいました。(詳細はこちら

今回は引き続き、その台湾特別サットサンガに参加した方から寄せられた感想の一部をご紹介したいと思います。いただいた感想はここに書ききれないくらい、本当に本当に本当〜に!!!たくさんあり、そのほとんどが歓びと感動と感謝の声で埋め尽くされていました。

 

「覚者に会えて感動しました」

「ヨギさんは何でも答えられます。すごい! Cool!」

「時間が経つのが早すぎて、足りない〜」

「いつか、ヨギさんのように柔らかく温かく平安な顔をもてるようになりたいです」

「ヨギさんはニコニコして可愛くて慈悲深いです。どんなに難しい質問や苦悩に対しても、ヨギさんはまるでみんなの傍に来てくれるかのようにお答えを与えられます。その力は揺るぎなく強いですが、同時にすごく優しいです」

「ヨーガの理解はずっとアーサナだけに留まっていました。でも今日いただいた教えを通じて、ヨーガの意味と今後の目標をもっと理解できるようになりました」

「心の迷いや疑いが、突然消えました」

「今日はまるで深い深い闇の中で、光が見えるように感じました」

「とても感動しました。シュリー・マハーヨーギーの優しさ、不動と愛を感じました」

「ヨギさんはとても慈悲深く、落ち着いていて、仕草が愛に満ちています。真理を愛する人たちが一緒に集まって、素晴らしいです」

「貴方の悟りに感謝します。マスターの丁寧な答えはみんなの心に浸透していきました」

「どうしてグルが必要なのか、自分は理解できませんでした。でもヨギさんに会って、二回のサットサンガの後で、このような疑いは消えました。もちろんグルが必要だと信じられるようになりました。もしグルがいなければ、私の山ほどの疑問や悩みの答えは誰からいただくことができるでしょうか! もちろんヨギさんです! やっと会えました。私の力は有限です。ヨギさんのような存在が私の周りの人を助けてくれて、本当に感謝しています」

「ヨギさんはたくさんの物語や例えをご存知で、優れた智慧をおもちです。それで、自分の小ささと無知に気付きました。これまでの二十年間、仕事の専門知識をもっと吸収して上に上がればきっと人生のピークに達せられると思い込んでいました。そしてそれらに満足していました。でも今考えると、他の人より収入があったり貯金があること以外、実は、私は真実をほどんと分かってないし、性格にもたくさん欠点があることに気付きました。もっと頑張って勉強して変わらなければならないと思います」

「シュリー・マハーヨーギーに感謝しています。恥ずかしいので、直接言葉にして感謝を言うことができません。三回のサットサンガに参加し、私はヨーガへ、真実へ、信仰へもっと自信がもてるようになりました。同時に、愛の具体なあり方が見えました」

「近いうちにまた台湾に来てくださいませんか? 祝福を与えてくださいませんか? そうすれば、私たちの瞑想はもっと進歩できるでしょう。お父さんに飴が欲しいとねだる子供のようかもしれませんが、もしヨギさんにお会いできれば、その時間が短くても歓びが続き、私たちをずっと励ましてくれることと思います」

「真理への学びや真実の神を信じることはやや非現実的だと思っていましたが、ヨギさんに実際に会って、まるで真理は実在しているように感じました。台湾に来てくださってありがとうございます」

「今日とても感動しました。真理を求める人々の流した涙は幸せであり、感動です」

「最初プラサーディニーからヨギさんの教えを聞いて、それこそが自分が求めているものだと思いました。そして、『悟り』を読んでさらにそう思いました。ヨギさんに会って、ヨギさんのお言葉を聞いて、全く疑いはなく、確信しています」

「シュリー・マハーヨーギーの開示と解答にとても感謝します。貴方の言葉と行動から、智者の慈悲と叡智を深く感じました。貴方のおかげで、真理への探求の大切さをとても感じました。本当にありがとうございます。先生のシンプルで、直接で、深いお話が好きです」

その他、「ヨギさんの下でもっと学んでいきたい」「インスパイアを受けた」「もっとサットサンガを行なってほしい」「歓びと平安を感じました」などなど、数多くの素晴らしい感想が届けられました。

 

 

私は幸運にも、師の初訪台に同行させていただきました。ヨギさんがご訪問されるこの日をずっと待ち望んできた、プラサーディニーら台湾の仲間たち。そしてヨギさんの教えを学びながら、いまだヨギさんに会えず、そして今回初めてお会いできることを夢見てきた、台湾の多くの魂たち。

サットサンガが始まる際、ヨギさんがご入場されるそのお姿を見るや否や、涙を流す台湾の方の姿を見ました。ヨギさんがお言葉を発せられる前からです。そして多くの方がヨギさんの存在にぐんぐん引き込まれていきました。

サットサンガが始まり、ヨギさんはヨーガそのものを一直線に、またダイナミックに説かれていきました。ヨギさんの存在そのものに、そしてヨギさんから溢れ出る真理の言葉と叡智に、またいまだかつて誰も経験したことのない圧倒的な悟りのプラーナに、参加者たちは酔いしれ、夢中になり、熱狂していました。台湾に真実そのものが降り立った歴史的瞬間!! ヨギさんはすべてを優しく受け止められ、そしてすべてを注ぎ込まれていました。途切れることなく真剣な問答が続き、多くの方が生きる悩みを打ち明け、そして癒やされ、また笑い、涙し、励まされ、安堵し、そして歓びに輝いていました。

私はこれまで二年間ほど台湾でクラスやキールタンをする機会をいただいてきました。参加者の中には、二年前から知っている顔触れも多々あります。彼らが初めてヨギさんに出会った瞬間、またこの四回のサットサンガを通じて、どれほど変化したことか!! 心の闇が取り払われ、そして生きる歓びを見いだし、まさに新たな命が吹き込まれていく瞬間がそこにあったのです。

——これがヨーガ、これこそが、ヨーガ!!

それは、人をその本質に目覚めさせるという、人知では決して計り知ることのできない大仕事でした。

サットサンガに参加された方からは、今なおその時の感動が続いているという声も届けられています。きっとこれから、ますます多くの方がヨギさんの聖光の下、ヨーガを志し、その道を歩んでいくことでしょう! ヨーガの仲間が増えていくことは、本当に喜ばしいことです!!

ヨギさんのご訪問に際しての準備から、また滞在中も常に献身的な働きで尽力してくれた台湾スタッフの皆さま、本当にありがとうございました!! そして最愛なる私たちの師、ヨギさんに心から感謝致します!!!

そして最後に・・・、台湾の皆さま、またヨギさんを台北にお呼びしましょうね〜!!!

ミラバイ

 

 

 

 


シュリー・マハーヨーギー初訪台!!!

先週シュリー・マハーヨーギーは、これまで台湾で師の教えを広めようと活動を続けてきたプラサーディニーら弟子たちの熱望に応えられ、初めて台湾をご訪問されました! 台湾では本当に数多くの方がシュリー・マハーヨーギーに出会い、素晴らしく充実したサットサンガが連日行なわれました!! 日本語と中国語の通訳というたいへんな役割を見事な集中力でこなしてくれたプリヤーが感想を寄稿してくださいましたので、皆様にご紹介したいと思います!!

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

2017年5月10日から5月16日まで、初めてヨギさんを台北にご招待しました。滞在期間は一週間だけでしたが、4日間連続して4回のサットサンガが行なわれ、100名以上の方がヨギさんにお会いしました。

いずれのサットサンガも、参加者たちは奮って質問して、真剣にヨギさんの答えを聞きました。でももっと詳しく言えば、毎回のサットサンガの雰囲気は異なり、もしすべての会に参加した方に感想を聞いたら、きっと誰もが同じコメントを言うでしょう:いずれもすべて素晴らしかったです!

今記事を読んでいるみなさん、この四回のサットサンガが一体どういう内容なのかが気になってきましたか? 今から簡単な記録を述べさせていただきます。

 

一回目のサットサンガは多くの方が集まりました。56名も参加して、会場はパンパンになりました。初めてヨギさんにお会いするため、みんなはすごく興味津々で、レジェンドの覚者に会えるのをとても楽しみにしていました。サットサンガが始まると、クイズ番組のように問答が盛り上がって、ヨギさんのお答えが終わるや否や、すぐ二、三人が同時に手をあげました。話題は宇宙の起源やビッグバンから、ヨギさんが八歳の時サマーディに入ったことや人間のカルマのこと、どのようにしたら自分の怠け癖を退治できるかなどの日常的な質問まで、いろんなクエスチョンが出てきました。どんな質問に対しても、ヨギさんは分かりやすい言葉で軽快に答えられました。みんなはヨギさんの叡智溢れる言葉に引き込まれて、また時々ヨギさんのユーモアによって大笑いの渦が湧き起こりました。後に聞いたみんなの話やアンケートからは、「ヨギさんはとても親しみやすかった!」「ヨギさんの笑顔がかわいい!」などの声がとても多かったです。(それまで多くの方は、覚者というのはとても厳かで親しみにくいというイメージをもっていたようです。なので、ヨギさんご本人にお会いして、そのギャップに驚いたそうです。笑)

二回目のサットサンガでは、参加者たちは早めに着席して静かに座っており、ヨギさんの到来を待っていました。それで、静かで穏やかな雰囲気でサットサンガが始まりました。いくつかの問答の後、一人の女性が質問をしました。ヨギさんの優しい眼差しを浴びながら、彼女は涙ぐみながら長年もっていた恐怖を語りました。その女性の勇敢な告白に励まされて、その後、他の質問者は勇気をもってそれまで秘めていた苦悩を打ち明けました。この世の中にどれほどの人々が苦痛を抱きながら、闇の中でもがいているのでしょうか。ヨギさんはこの上ない愛と慈悲をもって何でも受け入れて、優しく私たちを慰めてくださいます:私というものの本質は尊い、永遠の、不滅の存在です。どんな状況にあっても自分を軽蔑する必要はない。ヨーガへの学びや実践をし続ければ、誰もが本当の歓びと自由に到達できます。それは難しいことではない。なぜかというと、それはすでに心の奥にあるから:ヨギさんから優しいお言葉をいただき、みんなの心の中に重く、硬くなってしまっていたものが、まるで太陽に照らされたように融けて水になって、涸れた心が潤されました。あぁ、この世界はどれほど真理の言葉を熱望していたでしょう! みんなはどれほどヨギさんのご来臨を待っていたでしょう!と、私はそう思ってしまいました。

三回目のサットサンガはまた全く違った雰囲気でした。途中、雨がしとしとと降り始めて世界を洗い浄め、私たちの心も浄化されたようです。なぜかは分かりませんが、外からは雨音が聞こえ、室内にはヨギさんの魅力的なハスキーボイスが響いて、その空間はだんだんロマンチックな雰囲気が醸し出されていきました。一人の参加者が問いました:もし弟子がグルから離れたところにいるなら、どのようにして学び続ければいいのですか? 最初、ヨギさんはブッダの生前の教えを告げられ、そしてグルと弟子との関係を説明されました。最後には、何と次の一言を添えられました:できる限りこの身体をみんなに見えるようにします(笑):うわー! その瞬間、みんなの心は奪われ、すっかりヨギさんの魅力に陶酔してしまいました! 心を盗む人と心を盗まれた人たちの間で交わされる甘美なムードというのは、まさにクリシュナとゴーピーたちの美しい愛の物語ではありませんか!

 

四回目のサットサンガは日曜日に行なわれ、その日はちょうど母の日で、それにとてもふさわしく素晴らしい問答が起こりました。一人の参加者のお母さんも一緒に参加しました。会が始まると、彼女は前触れもなく、いきなり娘の最近のヨーガへの思い入れと信念について認めることができないということ、また同時に、母親として娘の将来を案じ、彼女にはもっとより良い人生を送ってほしいと、彼女への愛を示しました。挑むほどの強い態度に臨んでも、ヨギさんは全く揺るぎなく、力強く、毅然とした態度で説かれました:この世の幸福はすぐ消えていくものです。むしろ物質的な幸福をもてばもつほど、もっと大きな苦しみを抱えるでしょう。ヨーガは中庸の道です。偏ったものではありません。ヨーガは、周りの人に優しい態度で接すべき、目の前に来た物事を自分のベストを尽くすべきであり、永遠で変わらない本当の幸せを求めるべきだと教えています。それは一番理想的な生き方ではないでしょうか:ちょうどその時、太陽の光が窓から差し込んで、ヨギさんを照らしました。ヨギさんは光のように輝いて、同時にパワフルな口調で真理を説き明かされ、その言葉がみんなの心にぱっと突き当たりました。そのような大胆で不動の態度、パワフルであり、共に計り知れない優しさを示されたヨギさんのお姿は、どれほどかっこよかったことでしょう!!(付記:この後、そのお母さんは娘に、自分がヨーガのことを全く誤解していたこと、そしてこれからヨーガを学んでいきたいと言ったそうです。なんと不思議なシュリー・マハーヨーギー・パワー!)

 

サットサンガの後、ヨギさんから大きな力をいただいた、もっと勇気を出して自信をもってヨーガの道を歩み続けられると、多くの参加者が言いました。

田を作る前には、田植えの準備をしなければいけないといわれます。それは、雑草や石を除いて土を耕してから、植物を栽培し始められるということです。これまでプラサーディニーが台湾でやってきたことは、まるで整地の作業のようで、少しずつ人がその作業に加わり始め、やっと田植えの準備が整ってきました。そして、今回ヨギさんは台湾に訪問され、みんなの心の中に真理の種を蒔いてくださいました。いつその種が芽生えるのか? 芽生えてどのように成長できるのか? これからは台湾にいる私たちが、与えていただいたその大きな祝福をもって、その作業にも自分の実践にも努め続けなければなりません。

 

参加者たちとスタッフたちに本当に感謝しています。そしてこの滞在の間、ミラバイさんがさまざまなことをサポートしてくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。

最後に、ヨギさんに最も大きな謝意と敬意を捧げたいです。ヨギさんがここにいてくださるので、私たちは歓びの中に集うことができました。どうかまた貴方が、再び台湾をご訪問してくださいますように!

プリヤー

シュリー・マハーヨーギーご訪問に際し、尽力してくれた台湾スタッフのみんな。前列向かって左から二人目がプリヤー、その隣中央が、プラサーディニー。

 

 

 


ヨーガの道

ヨーガは、真実に目覚めるための数千年の古代から伝わる霊的な道です。ヨーガを学ぶには、ヨーガを成就したグルが不可欠です。言葉を超えたグルの導きは、道を歩もうとする私たちにとってはかけがえのないものとなります。サットサンガ(真理の集い)とは師を囲んでの神聖な集まりのことであり、師から直接教えを授かる最も大切な学びの場として位置づけられています。

先日行なわれたサットサンガの内容をお伝えしています。

質問者「ヨーガは、瞑想に坐ることができる身体をつくるために行なうと伺ったのですが、何のために瞑想をして、何を目指しているのかということを教えてください」

師「全く今のご質問が、それこそ何千年も昔から国とか民族に関わらず沸き起こる大きな問題なんですね。その答えを探求していった歴史の中で、やはりインドにおいてその探求が非常に深く大きくなされていきました。誰もが生まれ落ちて人生というものを過していく、しかしやがて死んでいくわけですよね。いったいその中で本当の幸せというのは何なんだろう。快適に裕福に暮らせることが幸せなのだろうか、例えそういう境遇に恵まれたとしても、いつ死んでしまうか分からないし、それだったら幸福だと思っていたのも一瞬にして不幸になるわけでしょう。いったい幸せというのは何なのだろう。ましてやそれの経験者たる主人公、自分ね、自分というのはいったい何なのだろう。神というのはあるのだろうか、ないのだろうか。この宇宙の秘密は何なのだろう。
そういう謎というか問題を掘り下げて答えを出していった結果、本当の自分というものは苦楽を味わうものではなくて不滅の存在である。そして自分だけではなく万物、宇宙すべての本質はそれ、同じであるということが発見されました。その境地、その悟りといってもいいけれども、その真実の境地のことをヨーガといったんです」

本当の幸せとは何なのだろう。自分はいったい何のために生まれてきたのだろう。自分はこの世界で何をするべきなのか。自分はなぜここにいるのか。人は誰しも一度は必ずこういう疑問に悩まされることがあるだろうと思います。やがて大人になり、世の中は浮き沈みがあって当たり前、喜怒哀楽もあって人生のうちと、次第にこの疑問が薄れていったり、諦めに代わったり、また忙しさに紛れて忘れてしまったりしてしまうのだと思います。でも、どうしても自分の生きていること、していること、それが不思議でたまらない、なにかがおかしい、それがなぜなのか知りたくてたまらない、本当のことが知りたい、そういう人たちがヨーガに辿りつくのだと思いました。

師「そしてそれを実現するための教えとか方法、そういうものもヨーガというふうに称されるようになって、身体が弱ければその探求も続かないから、身体も健康で強くしなけりゃいけない。そのためにはアーサナによって肉体を調えて、そして心というのは常に動揺するから心も調えなければならない。そのときには呼吸というものも同時に乱れるから呼吸を調えて、そして心を制御していく。つまり心というのは欲望とか煩悩とかいうものによって振り回されることになる。いい経験もするかもしれないけれども苦しい経験もいっぱいある。そういう心の浮き沈みというものに動じないように心も制御していかなければならない。そういう一連の修行というか勉強というものもヨーガというふうに称されるようになりました。だからその真実の実現という目的をヨーガという名称で表し、また同時にそこに至る道もヨーガというふうに称されることになりました。これが何千年、何千年というのは四、五千年ということですけれども、にも渡るヨーガの歴史なのです。
このヨーガがインド以外の国に知られるようになってまだ百年たっていないんです。特にこの数十年の間に欧米とか日本、世界中に広まって、ヨーガのほんの一部分である健康だけを目的としたアーサナというものが流行しているので、それをヨーガだと思っている人がいるかもしれないんですけれども、それは誤解なんですね。それはほんの一部分のことに過ぎない。だから瞑想というのは、ヨーガの全体の体系の中にアーサナと同じように位置付けられている大事な部分なんです。特に心を制御していくというところにおいてね。これがヨーガの全体像です」

世の中で少々の自由や幸福を得たとしても、それらは刻々と変化して一瞬のうちに不自由になり、不幸になってしまう、そうではない相対的な状況を離れたところにあるものが、本当の自由、本当の幸せ、本当の真実であると師は教えてくださっています。そのためにも心のことや、真実、真理というものを学んでいくようにと教えてくださいました。

学校では教えてくれない真実、サットサンガで繰り返し師から真実の教えを聞き、そして真実のみを行為される師の日常から真実を学ぶことによって、私たちはヨーガの道を迷わず歩み続けることができるのだと思いました。

ダルミニー


歓喜の春の祝祭! サナータナ・ダルマ アヴァターラ メーラー!

2017年4月8日(土)、偉大な主ブッダのご聖誕日に、マハーヨーギー・ミッション主催、
第1回 サナータナ・ダルマ アヴァターラ メーラー -神性示現大祭-
が開催されました。

美しい桜の花に包まれたプレーマ・アーシュラマ*には、日本各地、そして遠くはニューヨークと台湾から大勢の人々が歓びを胸に集まり、永遠の真理(サナータナ・ダルマ)と主ブッダを始めとするアヴァターラ(神の化身)のご聖誕を歓び、感謝と誓いを捧げました。
*昨年5月に開設されたプレーマ・アーシュラマは、京都市右京区龍安寺にあります。


きぬかけの路から仁和寺の横を通ってゆるやかな坂道を登っていくと、会場のプレーマ・アーシュラマに到着します。途中、咲き誇る桜の花に包まれます!お二人様ご到着。この日は、仁和寺山門に集合し、散策をしながら団体で来られた人も多くいました。皆歓びを胸に集まってきました。


プレーマ・アーシュラマ全景。アーシュラマと呼ばれるにふさわしい品格を備えています。この日は、洒落た数寄屋造りの門の前にサハスラーラの旗が翻っていました。受付には10人の神の化身が皆を迎えてくださいました。この絵は、20年近く前に弟子の一人が描いたものです。


たくさんの人々で溢れかえってきました。皆笑顔一杯です!台湾からも5人のグルバイ(兄弟姉妹弟子)が駆けつけました。


2階のベランダからは京都市内が一望でき、京都タワーも見えます!桜も美しい!


玄関を入ると、庭に咲いていたサンシュユ(春黄金花)と極楽鳥が出迎えてくれます。外の桜の花にも負けない見事な生け花です!


生演奏の素晴らしい調べが会場を包みます。ハートの奥から喜びが湧いてくるようです!

歓喜に始まり、歓喜に包まれ、歓喜が溢れ出した歓びの祝祭になりました!

一輪の花の中にも真理はあると師は言われます。人の中にも、あらゆるものの中に唯一なる永遠の存在がある。名前も形もない存在だけれど、それだけが在り、その唯一なるものが万物として顕現している!しかし、無知というものがやってきて、人はそれを忘れてしまいます。

アヴァターラは、100%真実そのものが人の形となって顕れた存在です。

真理が衰え、非真理が起こるとき、私は常に自らを顕す。善き人々を救い、悪しき人々をなくすため、そして真理を確かなものとするために、私は時代ごとに現れる。

この主クリシュナの宣言の通り、世が乱れ、真理が忘れ去られようとするとき、アヴァターラたちは地上に降り立ち、人々を救済し、永遠の真理へと導いてきたと言われています。

この日は、ヨーガの伝統の中で登場した主ブッダを始めとするアヴァターラ*について思いを馳せながら、最愛の師、シュリー・マハーヨーギー・パラマハンサの存在と使命を改めて思い起こし、弟子たちの祝辞を捧げました。*主クリシュナ、シュリー・ラーマクリシュナ、ババジ、ラマナ・マハリシ

日頃から熱心にヨーガを実践し、サナータナ・ダルマを行為し続けるヨーギニー、ヨーギーたちの純粋な志に触れ、歓喜が渦巻くように高まり、参加された方は、大いに笑い、大いに泣き、大いに歓喜しました!本当に稀に見る、歓びの祝祭となりました!


吉祥なこの日に発行された『ヨーガの福音』と祝祭の記念品が奉納され、披露されました。師の珠玉の教えが記された美しい装丁の聖なる書籍に魅了され、そしてサプライズの記念品には大いに沸き立ちました!『ヨーガの福音』については、Webサイトでもご注文いただけます。

少しでも当日の様子をお伝えできていれば嬉しいのですが、詳細な内容は、機関誌『パラマハンサ』5月号にてご報告させていただきます。

ありがとうございました。

最愛の師とすべてのアヴァターラに、そしてご参加された皆様、ご賛同くださった皆様に、心より感謝を申し上げます。

ジャイ サナータナ・ダルマ アヴァターラ キ ジャイ!!!

サーナンダ拝


クリヤヨーガ

ヨーガは、真実に目覚めるための数千年の古代から伝わる霊的な道です。ヨーガを学ぶには、ヨーガを成就したグルが不可欠です。言葉を超えたグルの導きは、道を歩もうとする私たちにとってはかけがえのないものとなります。サットサンガ(真理の集い)とは師を囲んでの神聖な集まりのことであり、師から直接教えを授かる最も大切な学びの場として位置づけられています。

_MG_8632

パラマハンサ・ヨガナンダの『あるヨギの自叙伝』には、「クリヤヨーガ(実行のヨーガ)」という教えが際立っていることは、本を読んだ方なら誰しもが感じるところだと思います。しかしながら、その内容は「秘法」ということで、開示されてはいません。
では、なぜクリヤヨーガは秘法とされているのでしょうか?
今回のサットサンガでは、クリヤヨーガの秘法たる所以(ゆえん)が明らかにされました。

サットサンガの前半、真理の教えを実践しようとするも、日常の思いや行為がなかなか変えられないという質問が続きました。師はそれに対して、「本当に生きているという意味とは何なんだろうと。誰が生きているのか。そういう根本的なことをもっと真剣に捉えないといけない。それはすぐには理解できることではないかもしれません。それでも自分自身にそれを問いかけていくことが大事です」と述べられ、この人生の命題の答えを見つけるには「訓練」――アーサナはもちろんのこと、ヤマ・ニヤマ(禁戒・勧戒)といった日常における心の働きの訓練――それが最も大切で、その訓練によって瞑想の土台がつくられると説かれました。
会の終盤からは、ブラフマチャリヤ(純潔)の実践など、ヤマ・ニヤマに関する質問が続き、『あるヨギの自叙伝』を読み返しているというゴーパーラが、「クリヤヨーガは秘法といわれていますが、やはりヤマ・ニヤマのところが大きいですか」と質問する。

「大きいです。ヨーガは特にクリヤヨーガ――クリヤというのは実行するとか実践するとかいう意味合いです――実践的ヨーガ、実行のヨーガというふうに訳されるでしょう。そこでは毎日実行すべきものとして、聖典の学習、それから何らかの肉体をともなう修行、訓練、そして神への祈念、瞑想、その三本柱を特に取り上げてクリヤヨーガというふうにいっています。ヨガナンダが本の中でクリヤヨーガというものを初めて西洋に紹介をしたのです。ヨーガそのものを具体的に実際的に紹介したといってもいい。教えとしてはヴィヴェーカーナンダがその先駆であったけれども、それをより実践的なかたちで、つまり弟子たちを育てていくという使命を担ってアメリカに渡ったわけです。その中でヨーガというものをより実際的にしていくためにクリヤヨーガという言葉を使ったのだろうと思う。単なる知的な理解だけではなくて、ヨーガを実践していくという、実践することがヨーガですよということを、みんなに実践を求めた。それだからクリヤヨーガという教えがひと際、あの本の中で際立っている。内容はさっき言った三つの柱を中心としていますが、その毎日肉体をともなう何らかの訓練、修行という意味はアーサナやプラーナーヤーマも指しますし、それからヤマ・ニヤマにおける行為のあり方、これも含んでいるのです。それもあって実践、実際的実践になるわけですから。そして、あえて本ではつまびらかにそれらの内容を教えなかったことには理由があって、これはやはり本当に求める者でないとそれを実践できないから。単なる興味本位の知識としてそれらを知ることでは何の意味もない。だからその真実というもの、真理というものに並々ならぬ関心を抱いて、そしていわばヨガナンダの弟子となり、悟りを求める、実践を行なう者たちに初めてその内容が教えられていくという、そんな手順だったと思う」

ヨーガとは知的理解ではないクリヤ、即ち実行・実践であり、そしてそれを可能にするのは、真理を求める並々ならぬ思いである――
最後に師は、純粋な求道者の象徴ナチケータスについて説かれます。

「以前、『アムリタ――不死ーー』という聖劇をみんながやってくれたのですけれど、あの中でナチケータスという少年が死神の下に送られて、死神から真理を教えられるというくだりがありました。ナチケータスが死の国に行った時に、たまたま死神が不在で、三日三晩待っていたという逸話があります。その三日三晩というのは伝統的な習わしなのです。これは仏教の方にも伝わっていまして、禅宗なんかでは弟子入り、入門をしようと思えば、三日間門前で待っていなきゃいけない。つまり、その者の真剣さというか熱意とか本気とか、そういうものが試されるわけです。そうして三日を過ぎて初めて入門という門を入ることを許される。そんなふうにクリヤヨーガもそういうところを表しているんだと思います」

秘法とは隠されたものではない、求める者の真剣さによって開示される!
どんな状況でも、どんな誘惑がやってきても、ナチケータスが死の秘密という真理だけを求めたように、その門戸をノックし、神だけを叫び続けることができるか?
切に真理だけを求める真剣さと日々の実践、それこそがヨーガの秘法であると学んだサットサンガでした。

ゴーパーラ


サットヴァ

ヨーガは、真実に目覚めるための数千年の古代から伝わる霊的な道です。ヨーガを学ぶには、ヨーガを成就したグルが不可欠です。言葉を超えたグルの導きは、道を歩もうとする私たちにとってはかけがえのないものとなります。サットサンガ(真理の集い)とは師を囲んでの神聖な集まりのことであり、師から直接教えを授かる最も大切な学びの場として位置づけられています。

サット11

先日行なわれたサットサンガの内容をお伝えしています。
質問者「アーサナが一通り終わったらボーッとなるのですが、それはどうしてですか」
ヨギ「心は常に雑念とか、なんらかの想念を抱えて活動しまくっていてね。本当に一瞬たりとも空白の状態というのは与えてくれないものです。しかしアーサナによってアーサナの一時間半前後の中でそういう心の習慣性というものが破壊されるというか、心が常に想念、なんらかの雑念的想念を伴っているその関係を壊してしまうという、その結果、空白のようなボーッとした状態が生まれるということです」

 質問者「ボーッとした空白のときに、平安な感じとか喜びみたいなものを感じることがあります」
ヨギ「グナでいうならば、いつもはラジャスというね、動き回る性質の状態、それにちょっと習慣性というタマス性の要素が加わっているんだけれど、アーサナによってそれらが打破されてサットヴァ性になるということ、サットヴァというのは透明性のある快活な状態のことですから、本質としてある喜びの要素のみたいなものを醸し出すようになるということです。無条件に中からそれが出てくるという、条件なく泉のようにそれが沸いてくるという感じがすると思います」

そして師はサットヴァについて、こう説かれています。

体が健康な時には、体は無いかのように思うままに体を行為させることができる、それでいて体に執らわれていない。心もサットヴァな時は思うままに、はつらつと心の思い、行為ができて何にも執らわれていない、心のことにも悩まされない。サットヴァ性というのはそんな感じです。

例えばお腹がすいていて、何か食事をとって満腹になって至福感があるとか、欲しいものがあってそれを手に入れた時に喜びがあるとか、あるいは恋人同士の関係の中でそういう愛が結ばれる時とか、それぞれ幸福感とか至福感というのはあるかもしれません。でもそれらは全て何かに依存をしているという関係になって、その対象が無くなればあるいは変化すれば、その至福感は同時に消えていきます。反対に苦しみが残る。だから依存関係にあるかないか、そのサットヴァ性のそれが自立しているかどうかというところで見極めることができます。

質問者「常にサットヴァ性の泉が湧き出るような思いでいるには、普段からどういうふうに過したらいいですか」
ヨギ「喜びの源というのは真実というものからやってくる、真実そのものが喜びの原点なんですよね。それは誰もの中に、もうすでにあるものです。しかしその周りを心がこの世界の中で外向きに働いて、あれやこれやと喜びを見つけようとしているんですけれど、それらには限界もあるし、条件が必ずありますよね。だからやるべきことは真実というものに親しむこと、それにはもちろんアーサナとか瞑想とか、そういう身体を使った具体的な修練というか、それを行なう、そして真理の教えというものを心に充分教育することね。それは本を読んだり、またこういう場やグルバイたちと話し合ったり、語り合ったり、そういうことで真実をできるだけ身につけるというか、体得、体感していくようにするのがいいですね。だから特にクリヤー・ヨーガといってね、クリヤーというのは実行するという意味ですけれども、毎日行なうべきこととして、真理を学ぶこと、これは聖典の学習とかね、それから今言ったなんらかの修練をすること、そして神や真理に対して瞑想をすること、これを毎日やればいい」

師は、まずサットヴァ性というものを身につけていくようにといつも教えてくださっています。
常にはつらつと軽快で、なんの執われものない状態でいること、なんと私たちはこんな当たり前のことができていないのだろうと改めて考えさせられました。
「あぁ、早く本当の人間としてのあるがままの姿に戻りたい」と普通に思うのでした。

ダルミニー


心と呼吸を変えるヨーガ

ヨーガは、真実に目覚めるための数千年の古代から伝わる霊的な道です。ヨーガを学ぶには、ヨーガを成就したグルが不可欠です。言葉を超えたグルの導きは、道を歩もうとする私たちにとってはかけがえのないものとなります。サットサンガ(真理の集い)とは師を囲んでの神聖な集まりのことであり、師から直接教えを授かる最も大切な学びの場として位置づけられています。

サンガ20170114

前回行なわれたサットサンガの内容をお伝えします。
質問者「仕事をするときに緊張してしまうのです。ちゃんと仕事ができた時は気持ちもほぐれるのですが、どうすれば緊張せずに仕事をすることができるでしょうか」
ヨギ「ヨーガの長い歴史の中での大きな発見は心と呼吸の関係が見つけられたことです。心というのは、普通は常に動揺してあれやこれや落ち着きなく動きまわる性質で、日常のさまざまな期待や不安、心配、取り越し苦労などの負荷が加わることで落ち着きなく乱れています。呼吸と心はイコールと考えられますので、心が高ぶって雑念がある時は呼吸も同様に不安定で乱れています。逆に睡眠中の呼吸のようにゆっくりと呼吸している時は、一定のリズムで安定していますので心は動きまわることをしばし休憩して、落ち着いているというのが日常の風景です。
ヨーガで呼吸のリズムを変えることによって心を変えることができます。どちらかを安定させれば両方安定させることができます。心を落ち着かそうと思っても落ち着かせることができないので、目先を変えて呼吸を制御していくと心の不安定さはなくなっていきます。仕事や社会生活の中でも心を保って冷静にいることができるのです。呼吸を変えれば心が変わりますが、その前に身体を変えて呼吸のシステムを変えるのがアーサナの役割です」

それから師は、心と呼吸と身体の関係をH2O、水の要素の表現で教えてくださいました。心は蒸気、呼吸は水、身体は氷というものです。氷はいちばんつかみやすく、水は器でつかむことができます。器である身体を水がつかみやすい器に作り替えることで、呼吸はそれなりに調整ができ、呼吸を制御し続ければ、心の悩みは楽にこなせるようになると教えてくださいました。
それから真理を学んでいけば、いろんな事柄も正しい位置関係で理解し把握することができるようになるので、仕事はその時々にベストをつくし、精一杯のことをしていけばいいと分かりやすく教えてくださいました。

私はヨーガをする前に、もっと思いやりのある愛情深い心になりたいと思っていましたが、なかなかその心を変えることができませんでした。師から、ヨーガを行じれば心を変えることができると聞いて大変驚き、本当に心を変えることができるのであればヨーガをやってみようと思ったのでした。そして確かにヨーガによって心は変化していきました。少しずつ心は静かになり、さまざまなことは以前と変わりなく起こりますが、いつも自分のことばかり見ていた心は冷静に周りのことを思い、察し、行為することができるようになりました。それでももっともっとより良くなりたいと精進する毎日です。
またサットサンガで師から直接教えを授かり、その教えにそって生きることが、この人生を誠実に生きるということなのだということも実感できるようになりました。
みなさん、師から授かるヨーガの偉大なる智慧を身につけ、迷いなく生きていこうではありませんか。

ダルミニー


ヨーガアーサナは黙々と実践する!

2016年もあと僅かになってきました。年の瀬ですね。

今月から始まった師シュリー・マハーヨーギーによるヨーガの真髄伝授特別クラス!
ヨギさんヨギさんヨギさんヨギさんヨギさんヨギさん ↑ クリック!

初回12月3日に参加させていただいた時、28年前にたどり着いた師の下で、初めてアーサナを体験した時の師が指導されるプラーナ(気)をまざまざと思い起こす感覚がありました。肌に沁み込んでいるんだとその時感謝しました。細胞の一粒一粒にプラーナが吹き込まれ、蘇っていくようでした。

師はアーサナは老化を止める程の力があると言われます。肉体は生まれ落ちた瞬間から老化が始まる。しかしアーサナはその老化を止め、さらには若返らせる力があるそうです。自然の摂理を超える、いやそれこそが自然の神秘なのかもしれませんね!すごいことです!プラーナ(気=生命力)は老化することはありませんから、活性化すれば、肉体も心も蘇っていくのですね。

そしてアーサナの力は肉体的なことだけでなく、一連のアーサナ実習を終えた時、呼吸は静まり、心は自然に瞑想へと導かれます。アーサナの偉大な力を体感する瞬間です。アーサナの後はプラーナの充満を乱さないように、刺激的なことや食事も控え、その深い静まりを味わうのがよいとされています。

さて、以前師よりアーサナに対する姿勢を教わりました。とても印象深く心に残っていますので、ご紹介させていただきます。

  • アーサナは黙々と実践し、その中で体得していくもの。
  • アーサナはヨーガの礎になるものであり、アーサナによって身体が作られるには、それこそ10年、12年かかる。いつ終わりというものではなく、黙々と実践する中で自ずと終わりがわかるもの。
  • 心地よさを求めるアーサナではなく、正しくアーサナの役割を理解し、アーサナの意味するところのタパス(霊的な熱)を受入れ、実践するのみである。
  • 黙々と実践していけば、身体の周りに結界ができるように、あらゆる外界の刺激を寄せ付けなくなる。そういう状況が伴って初めて強烈な瞑想に耐えうるようになる。
  • 修行というものはそういうふうに黙々と実践していくもの。黙々とと言うとおり、アーサナ中は文字通り一切の雑念なく、黙々と実践することが大事。
  • そうしながらも日常生活においてはヤマ(禁戒)、ニヤマ(勧戒)を実践し、学びを深めていく。行なうべきは、教えに従うことであり、心に従うのではない。
  • 生活上の問題や悩みなどは、教えを学び、個人で解決していくことであり、クラスでは黙々と実践するのみ。

毎日アーサナを黙々と修練していけば、ヨーギー/ヨーギニーの身体になっていく。とはいえ、実践しなければ何も変わらないし、実践していけば必ず変化していくということです。ヨーギーの身体になるとは、健康で強靭な体になるばかりか、カルマの力を寄せ付けないほどの金剛身になっていくということです。

古代から伝わるヨーガの真髄を会得できるかどうか!?自分自身の実践にかかっています!

昨日、12月24日は、20年前にマハーヨーギー・ヨーガ・ミッションが発足した記念すべき日です。この吉祥な日に、改めて本物のヨーギーになるべく、毎日の実践を心したいと思います。

サーナンダ


アーサナと日常のヨーガ

ヨーガは、真実に目覚めるための数千年の古代から伝わる霊的な道です。ヨーガを学ぶには、ヨーガを成就したグルが不可欠です。言葉を超えたグルの導きは、道を歩もうとする私たちにとってはかけがえのないものとなります。サットサンガ(真理の集い)とは師を囲んでの神聖な集まりのことであり、師から直接教えを授かる最も大切な学びの場として位置づけられています。

 %e3%82%b5%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%acimg_0012

12月から―古代から伝わるヨーガの真髄―師の直接指導によるアーサナ・瞑想クラスが始まりました。その後行なわれたサットサンガでは、アーサナの質問が相次ぎ、師から貴重な教えをたくさんいただきました。師は、まずアーサナは毎日行なってください。二つ、三つするだけでもやっていくと違いますよとアドヴァイスをくださいました。

クラスではアーサナを中心に体得していきますが、ヨーガ全体の中でみるとアーサナは限られています。日常の中での心の使い方、身体の使い方、行為というものがカルマとなっていきますので、単純なことですけれど、ヤマ・ニヤマの実践が大切になってきます。

ヤマ(ヨーガ的禁戒)   非暴力 正直 不盗 純潔 不貪  

ニヤマ(ヨーガ的勧戒)  清浄 知足 苦行 聖典の学習 自在神への祈念

例えば、非暴力(アヒンサー)というのは、他の動物、すべてのものに対して、何ものも傷つけないということ、また正直(サティヤー)というのは、誠実であるということ、こういうことを行なっていくことが、全体の行為を良くしてくれることになります。日常も心して行為してほしいと思います。アーサナはより良い行為をしていくための力となり、身体と心の浄化を施してくれます。日常の行為とアーサナによって全体にヨーガが深まっていくはずです。

 そして師は、ヨーガを深めていくことでヨーガ行者の身体になっていくとも教えてくださいました。

 この世界はあらゆることが二元性をもっています。快・不快、好き・嫌い、暑い・寒い、ヨーガを行じていくとそういうものがどちらもがなくなっていき、二元性を超えていくことになります。身体に関してもあってないかのような状態になります。病気になれば身体は痛みを訴えてきますが、直ったら訴えはなくなります。また心が何かを訴えるということは心に病気があるに違いない、それらを癒すために真理の教えがあります。真実がその病を癒すのです。心を本来の無垢なないかのような状態にしてくれます。簡単な話でしょう?

 師は、私たちの心と身体について、心も身体もあってないかのような状態が本来の状態なのだと、分かりやすく教えてくださいました。ヨーガによって、私たちは心や身体が抱え込んでいる重い荷物をどんどん捨て去っていくことができるだと思いました。

そして師は

必要なのは熱意です

と教えてくださっています。私たちはなんのためにアーサナをしているのでしょうか。自分はどうなりたいのか、自分のなりたい理想とする姿を具体的に思い描き、しっかりと意識し、その実現を目指すことが、熱意となって私たちをさらに進ませてくれるのだと思いました。

ダルミニー 


神の評価

ヨーガは、真実に目覚めるための数千年の古代から伝わる霊的な道です。ヨーガを学ぶには、ヨーガを成就したグルが不可欠です。言葉を超えたグルの導きは、道を歩もうとする私たちにとってはかけがえのないものとなります。サットサンガ(真理の集い)とは師を囲んでの神聖な集まりのことであり、師から直接教えを授かる最も大切な学びの場として位置づけられています。

%e3%82%b5%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%ac%ef%bc%91

先日行なわれたサットサンガの内容をお伝えします。

質問者「以前、他人の評価が気になるという質問があった時に、神の評価がいちばん大切だと教えていただいたのですが、それはどういうことですか」
ヨギ「神が喜ぶ行為をするということ、エゴや煩悩をなくして利他的行為をする。ヨーガはエゴや煩悩をなくして真実に目覚めることを至上命令としていますから、それを理想として行為するようにしていってください。真実をもってして、それに見合っているか感じてから行為するようにしてください。それが神の評価が大切だということです」

心の機能としてエゴ意識があり、このエゴ意識によって自と他という区別意識が生まれます。他という意識が生まれると、他者の評価が気になる、世間体が気になる、あるいは自分の思い通りにしたい、自分さえよければいいという思いもわいてきます。そしてそれが苦しみの原因となっていくのです。

師は説かれます。

物事の判断基準はそれが真実か真実でないかだけです。

他者の評価というのは、常に移り変わる心を基盤としたあやふやなもので、それは真実ではないのです。その判断基準は根本から間違っている、そういうふうにして物事を真実と照らし合わせていくことによって、エゴ意識は薄められ、他者の評価を気にせずに、自分ができるベストを尽くすことができるようになると師は教えてくださっています。また、他者のためにより思いやりをもった行為や、人の役に立つ行為を積極的にしていくことによっても、利己的な煩悩は薄れていくのだと師は教えてくださいました。

師は常に真実のみを語られ、真実のみを行為されています。その真実に添った行為をすることが、神からの最大の評価を受けることになるのだと思いました。

 

さて、ここで、お知らせです。
来る11月23日は師の御聖誕日です。
晴れのこの日、ヨーギー、ヨーギニーたちはヨーガに対する誓願と感謝をもって、師の御聖誕をお祝いするために集まります。今回の御聖誕祭は、どんな歓喜に、そしてどんな真実に包み込まれることでしょう。
ヨーギー、ヨーギニーたちにとって大切なその日はもうすぐです。

ジャイ サットグル シュリー マハーヨーギー パラマハンサ キー ジャイ

 

%e3%82%b5%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%ac%ef%bc%92

ダルミニー