シュリーマット・バーガヴァタム」カテゴリーアーカイブ

シュリーマッド・バーガヴァタム アンバリーシャ王の物語

かのスータ(神話を朗唱したり解説する高徳な吟遊詩人)が、「バーガヴァタム」を語り続けている。

アンバリーシャは全地の王となり、すべての富と快楽を思いのままにしました。しかしそれらは王にとって何の意味もありませんでした。なぜなら彼は主クリシュナを愛していたからです。永遠で至福に満ちた存在であられる神、主クリシュナを愛するようになった者は、この世の空しい欲望に魅了されることはないのです。

アンバリーシャの心は、いつもシュリー・クリシュナに集中していました。
彼の唇は主クリシュナの栄光のみを語り、手はクリシュナへの奉仕のみを行ない、耳は主の御言葉のみを聴いていました。眼は主の神聖な現れを観、触感は主の現存を感じ、臭覚は主の神聖な香りのみを嗅いでいました。味覚は主の取られた食べ物のみを味わい、足は主のおられる場所のみ赴き、頭は主クリシュナの蓮華の御足に触れていました。

Krishna-4
シュリー クリシュナ

ある時彼は、全宇宙の主に、ある誓いを立て、一年間の特別な修行を行なっていました。その最後の断食を解こうとしていた時、聖者ドゥルヴァーシャがやってきました。王はうやうやしく挨拶をし、祝宴の席にその聖者を招いたのでした。その後、ドゥルヴァーシャは沐浴に行ってしまい、断食を解く吉祥な時間になっても帰ってきませんでした。そこでアンバリーシャは誓いを無効にしないために、水だけを飲むことにしました。これは招き客に対しても無礼にはならないことだったのです。

しかしドゥルヴァーシャは戻るなり、王が水を飲んだことに対してひどく立腹しました。自分が軽んじられたと思い、瞬間的な怒りの熱で王に呪いをかけたのです。呪いはデーモンの姿を取って、アンバリーシャに襲いかかろうとしました。しかし、悪魔は王の平静で恐れのない態度に敵意を挫かれ、反対にドゥルヴァーシャの方に向き直り、彼を食い殺そうと襲いかかってきたのでした。自己の呪いから必死に逃げようとするドゥルヴァーシャは、ブラフマーやシヴァのもとへと赴きましたが、誰も彼を助けることができませんでした。最後の手段としてドゥルヴァーシャは主ヴィシュヌのもとへ行きました。主ヴィシュヌはこう告げます。

「私もまたどうすることもできないのだ。なぜならお前は私の帰依者を侮辱したからだ。私は自分の帰依者を愛し、喜んで愛する者たちの奴隷となっている。また彼らは私のためにすべてを喜んで犠牲にし、自らを全く私に捧げきっているのだ。もし誰かがそのような帰依者を呪うなら、その呪いは力を増して、その者自身へと戻ってくる。唯一人だけお前を救える者がいる。呪いによって侮辱した者のところへ行って、彼の許しを請え。それだけがお前を救い得るだろう。さぁ、すぐに行け。成功を祈ろう」

ドゥルヴァーシャは自己の呪いから逃れる術がないことを知り、王のもとへ行き、謙虚に許しを請いました。王は十分な敬意を示して、聖者を快く許し、その魔力からドゥルヴァーシャを救うために、主に祈りを捧げました。

「おお主よ、あなたの無限の御力は、すべてのものの内に存在しております。
日の中にも、太陽の中にも、月や星々の中にも、あなたはおられます。
また水や地の中にも、空や風の中にも、そして、全宇宙の微細なエレメントの中にもおられます。
あなたは全てのものの内の全てです。
どうか、まったき愛の御力によって、ドゥルヴァーシャを守護してくださいませ。
そして、私たちすべてが、あなたの平安を知ることができますように」

ドゥルヴァーシャはハートのうちに平安を見出し、すべての悪から清められたのでした。

この美しい、愛あふれる物語を読んでいるだけで、私の心は深い充足と安心に満たされます。
主ヴィシュヌの愛、そして、その帰依者であるアンバリーシャの愛によって、ドゥルヴァーシャは清められ平安へと導かれていったのでした。

バクティ・ヨーガ(信愛のヨーガ)の中で、愛はこう定義されています。

バクティ・ヨーガは、真の、純粋な主の探求です。愛に始まり、愛でつづき、愛に終わる探求です。たった一瞬の神への愛の狂気は、我々に永遠の自由をもたらします。
「バクティは、神への強烈な愛である」「人がそれを得ると、彼はすべてを愛し、何者をも憎まない。彼は永久に満足してしまう」「この愛は、いかなるこの世の利益の期待にも、格下げされるものではない」

まさにアンバリーシャ王は、この愛の中に生きた人であったのだと思いました。
師はヨーガによって、本当の愛に目覚めることができると教えてくださっています。
私たちすべてが、本当の愛に目覚めることができますように。

ハレ クリシュナ ハレ クリシュナ  クリシュナ クリシュナ ハレ ハレ
ハレ ラーマ ハレ ラーマ      ラーマ ラーマ ハレ ハレ

ダルミニー


シュリーマッド・バーガヴァタム  チトラケトゥの物語

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%8a-29

人としての誕生は実に祝福された誕生です。すべてのさらなる成長のもととなる自己認識への一つの進化だからです。人間のみが最高の真理を知り、完成に達することができるのです。しかし、あぁ自己にとって何が有益かを知ろうとするものは実に少数です。真の自由を望む者はさらに少なく、真理を学び自由を獲得するものはもっと僅かです。そしてハートを神と合一させ、至高の善に達した平穏なる魂は、まことに希です。私が説こうとしている真理を示す、古代のある物語を教えましょうとスータは話し始めました。

ある時、シューラセナに、チトラケトゥという有名な王が住んでいました。彼の心の欲望はただ一つを除き、すべて満たされていました。しかしただその一つのために王は幸福ではありませんでした。巨万の富も、美しい妻も、若々しい活力も、彼を満足させることはできませんでした。王は息子を望んでいたのでした。

ある日、偉大な聖者アンギラが宮殿にやってきました。彼は王の胸に悲しみがあるのに気付き、その原因を知ると同情して、彼と王妃に祝福を授けました。そして別れ際にこう告げました。「おお王よ、あなたには息子が与えられるだろう。しかし彼はあなたにとって、大きな喜びとともに大きな悲しみの原因となるだろう」

やがて男の子が誕生し、王の喜びは限りがありませんでした。すべての人の心にも喜びがありました。しかしその喜びは悲しみへと変わりました。息子は嫉妬深い妃たちによって毒を飲まされ死んだのでした。

王は苦悩に耐えきれませんでした。そこへ再び聖者アンギラが、今度は聖なる予見者ナーダラと共に現れ、このように話しかけました。
「おお王よ。誰のためにそのように悲しんでいるのでしょうか。あなたが息子と呼んでいた者は死んではおりません。魂たちは川の流れる砂のように、時という流れに運ばれて互いに出会い、そしてまた別々に連れ去られます。肉体にのみ誕生があり、そして死があるのです。しかし魂は不滅です」

チトラケトゥ王は二人の偉大な聖者の御前で大いなる平安を感じ、尋ねました。
「おお聖者方よ、あなた方はどなたでしょうか。あなた方のような聖者は地を彷徨いつつ、無知と不安のあるところに知識と平安の光を放っておられます。どうかすべての無知が消えますよう、その光を私にもお注ぎください」

聖者アンギラが答えます。
「以前あなたにお会いした時、私は最高の覚醒を授けることもできたのです。しかしその時、あなたの唯一の望みが息子であったため、私は息子を祝福したのです。しかし、今やあなたは、息子を欲することの意味を知ったはずです。人の生のすべては無常です。富も健康も家族や子供たちも、それらはすべて消えゆく夢に過ぎません。悲しみや苦しみ、幻想や恐れもまた、つかの間です。誕生や死など、人生の多くの二元性を実相と見ることを捨て、識別することを学びなさい。一なる真理のみを知り、平安を見出しなさい。私はあなたに聖なるマントラ、神の御名を授けましょう。このマントラを繰り返し唱え、それについて瞑想しなさい。自己を制御し、心を集中して神を思いなさい。すぐにもあなたはすべての悲しみを超え、平安を見出すでしょう」

すると死んだ息子の精霊が偉大なる聖者ナーダラの御前に現れました。ナーダラは精霊に「もう一度、死んだ身体に入って、地上での与えられた寿命を全うし、両親や友人を喜ばせてください」と頼みました。しかしその精霊はこう言いました。
「母とは誰でしょうか。父とは誰でしょうか。私には誕生も死もありません。わたしは永遠なる意識です。魂はカルマに支配されて、多くの生と多くの身体とを旅します。無知の故に肉体に縛られ、この世のさまざまな人間関係を経験させられます。しかし私は自分自身が誕生も死もない普遍の意識であることを悟りました。私はこの世の愛情や善悪に触れられても、影響されもしない永遠の意識です。私は永遠の目撃者、私は実に彼である」こう言って精霊は消え去ったのでした。

嘆き悲しんでいた両親は執着や悲嘆から解放され、二人の偉大な聖者の叡智によって慰められ、その御足に平伏したのでした。チトラケトゥ王が偉大な聖者に教えられた霊性の教訓を実践し始めると、すぐに心は覚醒され愛なる神のヴィジョンを観ました。修行を続け平安と静寂を得た王の心に、ますます大きな覚醒が訪れ、ついには自己とブラフマンとの合一を達成したのでした。

ヨーガと瞑想の修行に熟達した者は、人生の目的とは神との合一を得ることであると知るようになる。

師は説かれます

人間の本質というものは一体何なのか、そしてその本質と心と身体の関係はどうなっているのか、これを明らかにし、正しく理解することによって、肉体から生じた苦しみ、あるいは心が作り出す苦しみや悲しみ、こういうものを正しく解決することができます。私たちの本体というのは、この身体でもなければ心でもなくその奥にある魂である。このことを知り、悟ることが人間の全歴史の究極です。

ヨーガを学び、死を正しく理解することによって、死は悲しむべき不幸なことではない、死にゆく人の次の生での幸せを祈ることができるのだと思えるようになりました。そして私たちの本質を知ること、私たちの真理を知ることが、この誕生を本当に祝福された誕生とすることになると、この物語は教えてくれているのだと思いました。

ダルミニー

 


シュリーマッド・バーガヴァタム

みなさん こんにちは

今回はシュリーマッド・バーガヴァタムよりプラフラーダの物語をご紹介します。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%8a-27

はるか昔ナイミシャの森に何人かの偉大な賢者たちが住んでいたある日彼らが朝の沐浴と祈りと瞑想を終え、ともに座っていたところへッグラスラバーとい名の有名なスータ(神話を朗唱したり解説したりする高徳な吟遊詩人たちの階級の一人)がやって来た
おお罪なき御方よあなたは実に自由な魂であられグルの恩寵によってすべての聖典の精髄を知っておられますですからどかすべての人たちの助けとなるよな真理の教えを私たちにお示しくださいそしてまた、シュリー・クリシュナの聖なるご生涯についてもご存じのことをお話しください」
スータはこのように懇願され、喜んで賢者方の要望を受け入れ物語を語り始めた

ヒラニャカシブはダイチャ(阿修羅)族の王でした。彼らはデーヴァ族すなわち神々と同じ祖先から生まれましたが、常に神々と戦いをしていました。長い年月ののち、ヒラニャカシブはデーヴァ族を征服し、三界……すなわち人と動物が住む中間の世界、神々や神々のような者の住む天の世界、そしてダイチャの住む下位の世界……を支配しました。ヒラニャカシブは驕り高ぶり、自分の他に神はいないと宣言しました。そして全能のヴィシュヌを礼拝することを厳しく禁止し、今後すべての礼拝は自分のみに捧げられるべきであると命じました。

さて、ヒラニャカシブにはプラフラーダという愛する息子がいましたが、どうしたわけか幼少の頃から主ヴィシュヌを敬愛していました。王子は主ヴィシュヌへの帰依の道について、学友たちに説くことに時間を費やしました。王は全世界から払拭しようとしている悪が、まさに自分の家庭から育とうとしているのを見て怒りに狂い、愛しい妻が嘆き悲しみ押しとどめるのも聞かず、王子に死刑を命じました。先の尖った武器で叩いたり、象で踏み殺そうとしたり、崖から突き落としたり、毒殺、火あぶり、餓死、壁打ち、魔術、あらゆる方法を試しましたが、ハートにヴィシュヌが住むプラフラーダを何ものも害することはできませんでした。

プラフラーダ「ヴィシュヌが全宇宙の主であられ、彼には始まりも終わりもなく全能で偏在であられます。したがってヴィシュヌのみが崇拝されるべきです」
ヒラニャカシブ「ヴィシュヌが偏在であるなら、なぜあの柱の中にいないのだ。いるならお前を守らせてみろ」
と叫びながら剣を振りかざし、柱を叩き切りました。すると轟きのような声がして、おお見よ!半分ライオン半分人の恐ろしいナラシンハの姿で主ヴィシュヌが現れたのです。そして長い戦いの末に暴君ヒラニャカシブは殺されてしまいました。

プラフラーダが主の御足に平伏し、讃美と献身の歌を捧げると神の声が聞こえました。
主ヴィシュヌ「求めよ。プラフラーダ、何でもほしいものを、お前は私の愛しい子だ。何でも望むものを求めよ」
プラフラーダ「おお主よ、無知なる者がこの世の事物に対してもつのと同じくらいに強烈な愛を、あなたに対して、しかもただ愛のためにもつことができますように」
主ヴィシュヌ「プラフラーダよ。私の献身者は、この世のものもあの世のものも決して何も求めはしない。心を私に集中させ、宗教的な善をなせ、そのようにして生き、そして身体が滅したのちお前は私のもとへと至るであろう」
主ヴィシュヌはこのようにプラフラーダを祝福して消え去りました。そして、ブラフマーを始めとする神々が、プラフラーダをダイチャ族の王座につけ、それぞれの惑星へと戻って行きました。

エゴや欲望、執着のとりことなった者は、分別を失い、愛する息子までも殺そうとするのです。現代の人間にも同じことが当てはまるのではないでしょうか。心からエゴや欲望、執着を取り除き、心を神への愛や真理で満たしていけば、さまざまな悩みや苦しみから逃れることができる、そして人としての生きざまも神聖なものとすることができる、そのことをこの物語は教えてくれているのだと思いました。

私たちも心を神への信仰や真理でうめつくすことができますように。

ダルミニー