目の前の人の中に神様を見る

「純粋な信仰とは、神に奉仕すること。自らを神に捧げること」

数年前に初めて師であるヨギさんからこのお言葉を聞いた時、そこから感じる真っすぐで力強い愛にとても惹かれたのと同時に、「自分には無理だ」と感じました。でももしそれを実現できたらきっと本当の幸せに出会えるように思えて、どうしたらできるようになっていけるのかを考え始めました。そして実現していくための実践として、「目の前の人の中に神様を見ること」に取り組み始めました。

取り組み始めてすぐにいくつもの人間関係が好転し、生活全体の中に愛と喜びを感じる瞬間が増えました。ただ、優しい性格の方に神様を見ることは問題なくできても、攻撃的な性格の方に神様を見るのはとても難しく、頭では「全てのものの中に神様はいる」と分かっていても全然それを感じ取ることができない自分に疲れたりしました。

そんな中、(私は介護の仕事をしているのですが)あるご年配の方に対して、その方の中に神様を見続けるということがだんだんとぶれなくなっていきました。その方は喜怒哀楽が激しく、時にはヘルパーに八つ当たりをするし、身体的ケアがたくさん必要なので大変な力仕事なのですが、たとえ八つ当たりされても自分の体がきつくても、そこには変わらず愛と平安があります。その方の中にいる神様が物理的な困難に動かされない愛を与えてくださいます。

奉仕に取り組む時に、いつもお守りにしている師のお言葉があります。

「一つの笑顔でもいい、優しい言葉でもいい。苦しんでいる人、悲しんでいる人に彼らの喜ぶことを行ないなさい」

目の前の人の中に神様を見て、師の教えだけを頼りに、今の自分ができることを一つ一つやり続けていこうと固く決心します。

毎朝、神様(シヴァ神)に「今日1日正しく奉仕できますように導いてください」とお祈りしています。

船勢


目の前の人の中に神様を見る」への2件のフィードバック

  1. 金森淳哉

    ブログを読ませていただき、とても共感をいたしました。
    私も仕事の中で様々なご利用者の方と接するのですが、ヨーガの福音を拝読してお師匠様のこの言葉を大事にしています。

    「一つの笑顔でもいい、優しい言葉でもいい。苦しんでいる人、悲しんでいる人に彼らの喜ぶことを行ないなさい」

    船勢さんがブログに書いてくださったお師匠様の教え、その大切さを改めて学ばせていただきました。
    ありがとうございました。

    返信
    1. 船勢洋子

      金森さん、コメントをありがとうございます!
      金森さんもこのヨギさんのお言葉を大事にしていると教えていただけて、とてもうれしいです。
      ヨギさんのお言葉は本当に、例えば本で読んだものや先輩から伝え聞いたものも、実際にヨギさんの力強さややさしさが伝わってくる感じがあって、日常の中で思い出すと力を与えてくださいますよね。
      こちらこそ、ありがとうございました

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です