新訳「ラーマーヤナ」を読んで

皆さん、こんにちは、ダルミニーです。

インドにはたくさんの神様がいらっしゃいますが、ブラフマ神、ヴィシュヌ神、シヴァ神が創造、維持、破壊を司る三大神様として有名です。その中でもヴィシュヌ神は化身となって、この世の悪を滅ぼすため、降誕されていますが、ラーマ王子もその化身の一人です。「ラーマーヤナ」、ラーマの行状記は、神的英雄ラーマが魔王ラーヴァナに妻シーターを奪われ、その妻を取り戻すために戦った物語を描いた大叙事詩です。今回はその物語をご紹介しましょう。

物語の最初にこうあります。

「法と愛と利(ダルマ・カーマ・アルタ)を具えたこの物語に、清純な心で耳を傾けよ」

これがとっても大事なんですよ。清純な心で読んでね。

「サラユー川の岸に財宝は豊かで、穀物に恵まれ、人々が楽しく暮らす、繁栄した大王国があった。コーサラという。そこに世間によく知られたアヨーディヤーという都城があった。この都に、偉大な王国を繁栄させるダシャラタ王があたかも天上におけるインドラ神のように住んでいた。王はイクシュヴァーク王家の偉大な戦士で、祭式を重んじ、また法に専念する支配者であり、偉大な聖仙と同じように自己を制御し、王仙として三界にその名が聞こえていた」

とアヨーディヤーの都とダシャラタ王の素晴らしさについて、九ページに渡り書かれてあります。これを読んだだけでも、王様がどんなに徳が高く、また人々にどんなに慕われていたのかが想像できます。

ダシャラタ王には三人の善良で美しいお妃様がいましたが、子供がありませんでした。そこで王子の誕生を願い盛大な祭式を行なうと、その祭火の中から無比の輝きを具えた鬼神が現れました。

「王よ、そなたは神々に祭式を捧げたので、今日、この乳糜(ルビ:にゅうび、ちちがゆ)を得た。王者の虎よ、この乳糜は神の作られたもので、子孫を生み、幸運と長寿を増大するものだ。そなたはこれを受け取るがよい」

ダシャラタ王は大喜びで、まずこの乳糜の半分を第一王妃に、その残りの四分の一を第二王妃に、その残りの半分ずつを第二王妃と第三王妃に分け与えます。第一王妃カウサリヤー妃の息子がラーマ王子、第二王妃スミトラー妃の息子がラクシュマナ王子とシャトルグナ王子、第三王妃カイケーイー妃の息子がバラタ王子です。ラーマ王子は第十二月目のチャイトラ月の第九日(三月二十四日)に生まれたとあります。

4人の王子が生まれたとき
(4人の王子が生まれたときを描いたもの)

ラーマ王子は傲慢な魔王ラーヴァナ征伐の為、神々に強く望まれて人間界に生まれた永遠のヴィシュヌ神の化身なのです。魔王ラーヴァナは本当に悪い奴でして、エゴと無知の象徴として描かれています。私たちの中にあるエゴと無知もラーマ王子が一緒に征伐してくれているような痛快さがこの物語にはあります。

そしてラーマ王子の美徳についてこうあります。

「ラーマ王子は実に容姿端麗で、勇気があり、悪口を言うことなく、この地上において比類のない方で、美徳の点では父ダシャラタ王に劣らぬ息子であった。師に対する信愛の念があつく、聖典知を離れること無く、不正なことを指示することなく、愚かな言葉を口にせず、教典に精通し、恩義を知り、人の心にある願いを察することができて、処罰と表彰とを正しく識別できた」

と、これもまた三ページに渡って讃えられています。ヴィシュヌ神の化身として生まれたラーマ王子は、褒めても、褒めても褒めすぎるということはないのでしょう。これを読んでいるだけでも、心は喜びに満たされます。このような美徳に輝く姿が人間の本来の姿ではないのでしょうか。このような理想の人間になりたいと、憧れが強くなります。

威厳があり、威光に輝く、人中の雄牛ともいうべき四人の王子たちはダシャラタ王に大事されていましたが、とりわけ偉大な威光に輝き、優れた美徳を具えたラーマ王子は父王に喜びを与えていました。

ある時、王様は深く考えました。

「私が生きている間に、ラーマが王となるのはどうであろうか。これは喜ばしいことではないか」

こうして大臣や都の住民、諸国の王を招いて、ラーマを王位継承者とする諮問が行なわれ、ラーマ王子が皇太子の地位に就くことが決まるのです。しかしここからイクシュヴァーク王家の悲劇が始まります。カイケーイー妃の召使い、せむし女のマンタラーが悪知恵を働かせて、王妃の心を惑わし、自分の愛するバラタ王子を皇太子とするべく策略を練るのです。

なんと今回は、ここまでで終わってしまいそうです。次回はカイケーイー妃の息子バラタ王子についてご紹介したいと思います。ラーマ王子と共に魔王ラーヴァナを征伐したラクシュマナ王子は有名ですが、このラクシュマナ王子と同じ神の資質を具えたバラタ王子のことは、あまり皆さんご存じないのではないかと思います。これが涙なくしては語れない物語でありまして、ぜひみなさんにご紹介したいと思っています。

では、次回「ラーマーヤナ バラタ王子の苦悶」、お楽しみに。

 ダルミニー

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です