サットサンガ」カテゴリーアーカイブ

シュリー・マハーヨーギー、台湾特別サットサンガのご報告(1)‼️

ブッダは悟りを啓いた後、托鉢をして民衆に教えを説き、その生涯を全うしました。
年齢や性別、カーストを越えていろんな人と関わりをもったと想像できます。
その時、どんな問答がなされたのでしょうか?
またブッダと共に托鉢をしていた弟子は、その師の姿を見て、何を感じたのでしょうか?

3月21日〜3月28日まで、私たちの師シュリー・マハーヨーギーは台湾をご訪問され、全4回のサットサンガが開かれました‼️
私は師を追っかけるようにして、週末に行なわれた2回のサットサンガに参加してきました🏃💨
師の訪台は今回で3度目ということもあって、初めて師にお会いする方だけでなく、何度か師にお会いする方、弟子となってヨーガを実践しているグルバイ(兄弟姉妹)にと、さまざまな方がいました。
そんな中、私が参加した2回のサットサンガでは「仏教」に関連した質問が多くありました。

3/24(土)Joyful Living(心悦人文空間)で行なわれた特別サットサンガの様子。

この台湾は仏教徒の数も多いのですが、通りの名前に忠孝と付いていたり、地下鉄の優先席が博愛座席と表記されているように、目上の人や親を敬い、家族を大切にする忠孝の精神が根付いている国です。
ただその分、家族関係の問題も多くあります。
もし生きている間、その関係が良好ならば、それは幸せなことです。
でも、愛する家族との別れが訪れた時、その悲しみは深く、愛着が強ければ強いほどその関係性は生きている間だけではなく、亡くなった後も続くように感じます。
この台湾のサットサンガでは、「お盆を行なう意味はありますか」「死者に念仏やお経を唱えて浄土に行くことは信じた方がよいでしょうか」といった家族の死に際して執り行なわれる仏教儀礼に関しての質問がいくつかありました。

私たちの師シュリー・マハーヨーギーはどのように応えられたのか――

師は決して、既存の宗教や信仰を頭から否定されませんでした。
お盆については、「死者がこの世に戻り、またあの世に帰るというその行事は輪廻転生の理から矛盾しているけれども、生きている者にとっては先祖や身近な家族への思い出を大事に思い直す、そういう機会だと理解すればいいと思います」と説かれました。
この質問をした方からは、「生きている今が大事ということですね」という言葉が自然と出てきたことに、私は驚きました。

また、真理を実践して成就を目指そうとしている方には、仏教のルーツであるブッダが初めて説いたといわれる「苦集滅道」の教えを、四苦八苦から一つ一つ丁寧に紐解いていかれ、まず実践を深める上では「真理を正しく理解すること」が重要であると言葉を尽くして説かれていました。
この質問者は終始、師に魅了されて吸い込まれたかのような眼差しで、その教えを聞き入っていました。

私はこの台湾の特別サットサンガに参加させていただいて、ブッダの次の言葉が思い出されました。

「私は宗教を壊しに来たのではない、成就しに来た」

師は、さまざまな人に対して、その人が真理に向かうための最善の教えを慈悲深く丁寧に説かれているのを感じました。
もちろん宗教とも呼べないニューエイジ的な考え方に対しては「間違っている」とスパッと言い切る問答もあって、そんな師のギャップに笑いが起こる場面も……笑
否定も肯定も超えた真理の道、まさに中道!
ブッダが托鉢をしながらさまざまな人に説いた対機説法がありありと蘇ってくるような、ブッダの臨在を感じた最高の台湾特別サットサンガでした!!!

ゴーパーラ


サットサンガ 知っている人と知らない人

ヨーガは、真実に目覚めるための数千年の古代から伝わる霊的な道です。ヨーガを学ぶには、ヨーガを成就したグルが不可欠です。言葉を超えたグルの導きは、道を歩もうとする私たちにとってはかけがえのないものとなります。サットサンガ(真理の集い)とは師を囲んでの神聖な集まりのことであり、師から直接教えを授かる最も大切な学びの場として位置づけられています。

季節がめぐるのは本当に早いです。ついこの間まで、いつまでも寒い日が続くなと思っていましたが、明日は春分の日。もうすっかり春の様相ですね。
気分一新、今回はあらためてヨーガの悟りについて考える機会がありました。

ヨーガで教えられるのは本当の自分という存在です。それは肉体でも、心でもなく、私という意識。もちろんエゴ・自我とは違う純粋な“私”という意識です。
それは、「真我」と呼ばれたり、「真理」と呼ばれたり、そして「神」と呼ばれたりもします。それぞれ全く同じただ一つのものを表す概念ですが、この呼び方が一番しっくりくるという、いろいろな意見をヨーガは差別しません。
その存在と合一することがヨーガの目的ですね。
ただ、そこに至るアプローチは人それぞれです。合一、つまり悟った人を覚者・聖者と言いますが、彼等でさえその悟りの境地の表現は様々です。

けれども、どの覚者も悟りの境地を教え説く際に、真我も真理も神も、どの言葉も同じだと言っています。その三つをすべて満たして、それでもまだ言葉がたりない絶対的な存在。
いったいどんな境地なのでしょうか?この境地の事を考えると、私はどうしようもなく憧れる気持ちを抑えられなくていつも圧倒されます。

知らない人は、知っている人の体験を一所懸命聞いたり読んだりして何とかその境地に近づきたいと願ってきました。

先日のサットサンガで、このことについて質問がありましたので、ご紹介します。

質問者「無と神と真実とか真我は全部イコールということなんですか」
ヨギ「無という言葉は抽象的で非常に難しい理解が必要とされます。似た言葉で空という言葉もある。どちらも仏教の教えの中で使われ、またヨーガの聖典にも出てくる言葉でもあるのです。ここでいう無とか空というのは一方ではその心やこの世界、さまざまな有、有限の有、これに反するもう一切のそういう計らいのない無差別の様子を無とか空というふうに表現する場合があります。同時にその無とか空は無尽蔵に福寿というか——福寿というのは至福であったり永遠というものがそこにあると。全く正反対のことを言っているんですけれども、これはどのように理解したらいいかと言えば、一方は心から見た状態を言っているし、もう一方は真理から見た状態を言っている。でも同じ言葉が使われている。こいういうふうに理解せざるを得ない。だから、その無とか空について議論するのは愚かなことなんですけれども、知っているものから言わせればそういうことになります(皆笑)」
質問者「それで神とか真理とか真実は」
ヨギ「そうですね、それを指す場合もあるということですね」
質問者「それは知っているものから見ると」
ヨギ「そう(皆笑)、真理から見た場合は一切の無知とかそういうものがないから、そこにあるのは真理だけだということになるわけです」
質問者「なるほど。本とか読んでいるといろんな言葉があるから、イコールなのかどうなのかなと、ちょっと思っていたんです」
ヨギ「見る立場によってその解釈もずいぶん違って、本によっても違うと思います。でも本当の真実在というものはそんな言葉さえもすべて超えているということも言っておきましょう(おどけられたような様子で)。
無でも空でも、そんなのもどこにも無い。そんなのも全部超えてそれだけがありありとリアリティをもって、それだけが在ります。そしてそれがみんなの本質であり、自分自身です」

生まれて一度も海を見たことのない人に海の説明をするように、言葉を尽くしても決して知らない人のイマジネーションを満足させることはできないです。
しかも悟りの境地は姿形あるものが何一つ及ばない、たったひとつ永遠のものだけがそこに在って、それだけが遍満しているといわれます。
もう知らない人のイマジネーションは限界を超えて自分の思考を飲み込んで、それだけでもの凄い高揚感を覚えます。

何物にも変えられず、何物とも混じらず、永遠にただ在る。
絶対的な存在が私達人間の、そして万物の本質なのだと言われます。この存在を知ったなら、もうどんな思いにも、出来事にも、揺らぐことも煩うこともなく、自由で自立していられる。

ヨーガを続けているとほんの少しの時間ですが、この自由・自在の状態を感じる瞬間があります。心は何の不満も不平もなく、快・不快も超えて…というより、そういった思い自体が湧き上がることなく、目の前の出来事をただ在るがままに見つめているように、泰然とした静けさの中に留まれる瞬間があります。きっとその片鱗を感じ取っているから、知らない世界にいながら、知っている人の世界に強烈に惹きつけられるのだと思います。

絶対に突き抜けてその境地を体得したいです。

Caitanya


シュリー・マハーヨーギー、台湾ご訪問の宣伝動画を公開!

3月に入って春の訪れが感じられる気候になってきましたが、春分を迎えた3月22日から、私たちの師であるシュリー・マハーヨーギーが台湾をご訪問されます!!!
今回で3度目のご訪台!
昨年は2度も台湾を訪れ、多くの台湾の方に霊的な導きと祝福をお与えになられました。
その時の様子は台湾の弟子プリヤーが素晴らしい筆致でブログを書いており、また、新しくなったWebサイトには台湾特別サットサンガの第1日目の問答が掲載されています。
詳しくはこちら→ブログサットサンガ

そして今回、なんと台湾のグルバイ(兄弟姉妹)たちが、シュリー・マハーヨーギーのご訪台に合わせて、宣伝動画を作成しました!

——シュリー・マハーヨーギーとは誰ですか?
多くの弟子は敬愛の態度をもって、シュリー・マハーヨーギーのことをヨギさんと呼びます。
みんなにとって、いったいヨギさんはどのような存在ですか?——

という問いかけに、台湾のグルバイたちが答えるという内容です。
字幕が台湾語で出てきますので、以下に日本語に訳したものを載せています。
映像とともにお楽しみください。
南国の暖かく陽気なプラーナとともに、ヨギさんへの敬愛が感じられる素晴らしい動画となっています〜☺️🌴

 

ケイ:ヨギさんは揺るぎない眼差しと温かい笑顔をもつ先生です。

ザォユァン:ヨギさんは京都に住まれている、とても知恵深くて、ヨーガの知識を教えられる方です。

ツィイー:ヨギさんはヨーギーであり、眼差しが愛で満ちている方です。そして私が今まで会った人たちの中で、唯一身口意が一致している方です。

ラーダー:ヨギさんは自由な方であり、束縛のない方であり、いつも歓びの中におられる方です。それは理想的な人間だと思います。

シンユン:私にとってヨギさんは言行が一致している先生です。

パンパン:ヨギさんはヨーギーであり、覚者であり、私が見倣いたい方です。

ソウ:ヨギさんはエネルギッシュな方であり、彼の教えはシンプルで深いです。

キャリー:ヨギさんは悟った方であり、とても優しい方です。彼はヨーガの教えを通じて、私たちが真理や心の安定を見つけることを助けてくださいます。

リリー:ヨギさんはとてもすごくて、本当にたくさんのことを知っておられる方です。彼の言われることは私たちがこれまで他のところでは全然聞いたこともないことなので、みんなもきっと聞きたくなると思います。

 

今回は4回のサットサンガが開催されます!

台湾特別サットサンガ
● 3/22(木)19:30〜 @SPACE YOGA
● 3/24(土)14:30〜 @JOYFUL LIVING
● 3/25(日)14:30〜 @JOYFUL LIVING
● 3/27(火)19:30〜 @JOYFUL LIVING


サットサンガより プレーマ 真の愛 

ヨーガは、真実に目覚めるための数千年の古代から伝わる霊的な道です。ヨーガを学ぶには、ヨーガを成就したグルが不可欠です。言葉を超えたグルの導きは、道を歩もうとする私たちにとってはかけがえのないものとなります。サットサンガ(真理の集い)とは師を囲んでの神聖な集まりのことであり、師から直接教えを授かる最も大切な学びの場として位置づけられています。

愛とはいったい何でしょうか?

愛する人がいるとき、気持ちが高まってただその人だけを思う。昼も夜もその人が心を占めている。
強い昂奮と多幸感に支配されて、食事もいらない、眠りもしない、そして何も恐くない。
でもその幸せな状態に長く留まりたいと願う反面、現実には時間と共にその感覚は薄まり、状況が少しずつ変化するにつれ、相手に対する新鮮味がなくなり気持ちが離れていくことも。

愛は絶対のものでしょうか?
永遠の愛、本当の愛とはどんなものなのでしょうか?

先日のサットサンガで、愛とヨーガについて師が説かれました。

「ヨーガの完成、悟るべき真実というのは不滅の存在。これは二つとない唯一の存在であり、純粋意識、そして至福という歓喜です。バクティ・ヨーガの完成とはプレーマという真の愛、本当の愛です。では本当ではない愛といえば何かというと、いわゆる人間的な愛。この世俗に見られる一時的な愛。これはその陰に憎しみやら、さまざまな不完全なものをもっているからゆえに真実ではない。
だけどバクティ・ヨーガにおける愛というのは、真実の愛。これは言い換えれば献身奉仕です。他者への愛。『隣人を愛せよ』というものにも通じる献身奉仕。

この献身奉仕はカルマ・ヨーガのゴールでもある。それは同時に自由自存というラージャ・ヨーガのゴールとされている境地でもある。また、それだけが在るというギャーナ・ヨーガのゴールでもある」 

四つのヨーガで悟る真実というのは、二つとない唯一の存在。それは純粋な意識であり、至福そのもの。
何物にも依存しない自由な自己。それだけが在るという境地、そのありのままの状態で他者に献身奉仕することが至福、つまり完全な真の愛と同一した状態。
これが解脱。ヨーガの完成。
何と美しく、完全で、円満で、自由なのでしょう。

師は最後に、エゴや無知に阻まれ、不完全ながらも世俗で修行する私達弟子に希望の言葉もおっしゃられました。

質問者「真理や神に対する最高の愛、プレーマは世俗に生きる生身の人間同士の間にも発生できますか」                                                                                    (低く力強いお声で)「できますとも」

質問者「それが自由自存ということになるのですか」                                                                           「はい、そうです。」

質問者「それは肉体の制限を超えるのですか。例えば生涯の間の時間であったりとかそういうものも超えて」
(即答される)「超えます」

質問者「永続するもの」
(ハッキリとしたお声で)「はい。」

私はまた雷に撃たれました。師の御言葉がハートを貫きました。

本当の愛を、何が何でも実現したいと心に誓いました。

Caitanya


サットサンガより カルマ・ヨーガ

ヨーガは、真実に目覚めるための数千年の古代から伝わる霊的な道です。ヨーガを学ぶには、ヨーガを成就したグルが不可欠です。言葉を超えたグルの導きは、道を歩もうとする私たちにとってはかけがえのないものとなります。サットサンガ(真理の集い)とは師を囲んでの神聖な集まりのことであり、師から直接教えを授かる最も大切な学びの場として位置づけられています。

 

みなさん、こんにちは
新しい年も明けましたね。今年の目標はもう立てられましたか?目的意識をもって生きるということが私たちの人生にとって、ものすごく大切なことなのだということもヨーガで学びました。その目標に向かって今年も精進していきましょう。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、年明けのサットサンガではカルマ・ヨーガについての質問がありました。ヨーガは、この世の本当のこと、真実を実現するためのものですが、スワミ・ヴィヴェーカーナンダというインドの聖人は、ヨーガの実践方法には四種類あると説かれています。まずカルマ・ヨーガ、それは働きのヨーガといわれ、働きの秘訣を学び、真実を実現するヨーガです。そしてギャーナ・ヨーガとは知識のヨーガ、ラージャ・ヨーガとは身体や心を使う王道のヨーガ、バクティ・ヨーガとは信愛のヨーガです。
そして、私たちは過去の原因となるものの結果を必ずむかえるという、カルマの法則に支配されていますが、もともとのそのカルマの原因となるものを無くしていって、そのカルマに翻弄されないようにしようというのが、カルマの消化ということになります。

質問者カルマを消化するということについてなんですけど、瞑想の中でカルマを消化することができない場合、カルマヨーガとい手段でもって行なっていくなら良くないカルマも恐れることはない、前に前に進んでいけば、良くない願望でも軌道修正されてそれがいい願望に変わるといにヴィヴェーカーナンダの本に書いてあったんですギャーナヨーガとかラージャヨーガで瞑想してカルマを消化するといことは未来に対してのカルマを無くしてしまといことですよねそしたらカルマヨーガの中で経験しながらカルマを消化するといのは結局苦悩を味わいながら軌道修正して消化するといことなので徹底さといところからみたらカルマヨーガの方が低い感じの印象を受けるんですけれどもなんでしょ
ヨギ高い、低いの区別はないですけれどもねヴィヴェーカーナンダがいっているカルマヨーガといのは単に自分の義務を果たすといだけの劣位のカルマヨーガのみならず少し積極的な他者への奉仕的な、献身奉仕を踏まえながらカルマヨーガとい言葉を使っているよな気がするんです
すると他者への献身奉仕といのはもとよりエゴとかそ煩悩を少なくともその行為の時には無いよにしておかなければできないことですよねだからこそ実際的行為を伴ってカルマヨーガをすれば内面のカルマも落ちていく無くなっていくまたその根源である無知、煩悩も薄らいで無くなっていくとい教えだと思います
ギャーナヨーガとラージャヨーガといのは確かに瞑想の中でカルマやそのカルマの原因を識別していくことなんですけれどねそれはある意味、心の中で行なわけですよねだからそれと心といのは非常に深い領域をもっているのでそんなに簡単に無知と煩悩がそっくり無くなるとい話ではないやっぱりそれなりのものすごい闘いの熾烈さがあるのは事実ですだからそれをやってのけられるにはそれなりの資質と状況がラージャヨーガとかギャーナヨーガといのは求められるその点カルマヨーガといのは誰もが日常の中で行なことができるいったやりやすさといものもそこにありますねそんなところを踏まえながら彼はより多くの人に具体的なアプローチ方法としてそ教えを述べたんだと思います

師は優位のカルマ・ヨーガとして、他者への献身奉仕を積極的に行なっていきなさいと教えてくださっています。

私は、常に他者のために善き思いをもち、善き行為をするという献身奉仕の働きにより、次第に自分のことが後回しになって、それが自分のエゴや煩悩を無くしていくことにつながるのだと気付かされました。スワミ・ヴィヴェーカーナンダは「カルマ・ヨーガ」の中で、こういわれています。

心の表面を動いている善い思い、善い印象の不断の反映によって、善をなそうという傾向は強くなり、その結果、我々はインドリアス(内的感覚器官、神経中枢)を制御できることを感じます。こうなって初めて性格は確立し、その時に初めて人は真理に到達するのです。

優位のカルマ・ヨーガは、私たちのライフワークになっていくのだと思いました。

ダルミニー


サットサンガより ブッダの悟り

ヨーガは、真実に目覚めるための数千年の古代から伝わる霊的な道です。ヨーガを学ぶには、ヨーガを成就したグルが不可欠です。言葉を超えたグルの導きは、道を歩もうとする私たちにとってはかけがえのないものとなります。サットサンガ(真理の集い)とは師を囲んでの神聖な集まりのことであり、師から直接教えを授かる最も大切な学びの場として位置づけられています。

みなさん こんにちは
十二月になりましたね、十二月のことを「しわす」と言いますが、その意味と由来は定かではないそうです。十二月は年が果てる、年果つ、しはす、しわすになったという説もあるそうです。師も走る、師走といわれていますが、私たちの師はいつも泰然とされていますので、本当の意味はどうなのだろうと思ってしまいます。
さて前回のブログにもありましたが、十二月八日はブッダが悟りを啓かれた日でもあるというわけで、今回のサットサンガはブッダについての教えが多くありました。

質問者がブッダの説いた、弦は張りすぎても緩みすぎてもいい音は鳴らないというふうに、弦に例えられる中庸の教えについてふれた時のことです。

師「ブッダが言うところの弦の張り具合というチューニングは、当時行なわれていた一般的な修行、一方には苦行というものがあり、もう一方では犠牲供養という快楽的なものもあり、そのどちらでもない、中道の在り方がある、それは苦行のように身体を痛めつけることではなく、健康な身体と健全な心を養いながら、その中でこそ正しい瞑想が行なわれるということを諭した言葉なんです。中庸、中道といわれるところ、まさしくそれがヨーガの道でもあるわけです。
でも、悟りへのあるいは神への願望というのは強烈でなければならない。また純粋にそれを保っていかなければならない。悟りや神に心が全面的に委ねられてしまえば、四六時中、座っていようが立っていようが、何かをしていようが、いつも神への憧れや悟りへの煮えたぎるような思いがやってきます」

師「ブッダは、当時シッダールタといわれていた時代に六年間の苦行を行なっています。当時は苦行という体系が当たり前のように蔓延していたと思われるので、シッダールタもそれを試み、しかも語られるところによれば、過去にも未来にも現代にも、その当時にも、匹敵する者はないほどの苦行を行なった。
けれども悟れなかった、ということを実証したんです。それで棄てた。
伝説に語られるところによれば、衰弱して骨と皮のような状態になった身体をスジャータという娘のくれた乳粥で身体を回復していくわけです。そこに健全な心の境地というか、そういう閃きが生まれたんだと思う。そして静かに菩提樹の下に座って、そうして悟りを得たと、それが十二月八日のことであったということになります。ブッダは必死に可能な限りの苦行を自らに課せたと語られています」 

師が教えられる煮えたぎるような思いとは、例えばそれはシュリー・ラーマクリシュナが神を見ることができないのであれば、その喉をかき切って死んでしまおうとした思いと同じ。そして例えばそれは慧可が弟子入りを乞うため、達磨大師に切り落とした自分の腕を差し出した思いと同じ。例えばそれは明恵上人が世俗にまみえることなく仏道の志を貫くため、自分の耳をそぎ落とした思いと同じ。身命を顧みない、真実の実現のためへの執念と同じなのだと思いました。 

ブッダの凄まじいまでの悟りへの執念、煮えたぎるような思い、ブッダを語られた師のお言葉が、そこにいる求道者たちのハートに火を付け、燃え上がらせたのを私は感じ、胸が熱くなるのでした。

私たちの心にも、その煮えたぎるような思いがやってきますように。
来年もさらなる飛躍の年となりますように。

ダルミニー

 

 

 


サットサンガより エゴを神の召し使いにする

ヨーガは、真実に目覚めるための数千年の古代から伝わる霊的な道です。ヨーガを学ぶには、ヨーガを成就したグルが不可欠です。言葉を超えたグルの導きは、道を歩もうとする私たちにとってはかけがえのないものとなります。サットサンガ(真理の集い)とは師を囲んでの神聖な集まりのことであり、師から直接教えを授かる最も大切な学びの場として位置づけられています。

みなさん、こんにちは
師の御聖誕祭を間近に控え、全国から真実を求めるグルバイ(兄弟姉妹弟子たち)が集まり、定例のサットサンガが行なわれました。「師には尊敬と奉仕と質問によって仕えよ」と伝えられていますが、この日もなごやかで満ち足りた雰囲気の中、次々と真剣な質問が続きました。

師は説かれます。
「誰もが自分の正体をエゴだと思っていて、心は好き勝手なことをして自分を傷つけてしまうことがあります。まるでエゴとこの世界が永遠であるかのように錯覚をしていますが、この世界は有限だし、命もなくなるかもしれない、本体は神聖なものなのに、自分の心の作り出した幻想に束縛されてしまっています。そこからの解放が本当の自由であり、それを知って実現することがヨーガの目的です」

私たちのエゴ意識が自分自身を束縛してしまい、それが苦しみや悲しみの原因となっている、そのエゴとの向き合い方について質問がありました。

質問者「エゴを神の召使いにしておきなさいという教えについて教えてください」
ヨギ「厳密な意味では、心というのは本来はエゴをもっていないものです。そのエゴという言葉の意味するところは、この相対的世界の中における身体がさまざまあるように、心もそれに備わって肉体に生じています。しかし、そこで利己的な思いのその色の濃度が濃くなるにしたがって、より煩悩的になっていくし、それが薄められていけば、単に自と他というものを区別するだけの機能として働きます。
それはあたかも道具のようなもの。道具というのは、例えば手が何か作業をするときにはやってくれるように、また足が必要に応じてどこかに運んでくれるように、心もそのようにいろんな物事に対しての工夫をしたり、さまざまな思案をしたり、そういう物事に対応するための道具としてみなされます。
これがエゴを道具のように、つまり道具ということは召使いのようにということです。召使いという時には必ずそこには主人がいます。この主人が誰なのかということです。通常は、エゴが主人のような顔をしてふるまうことによって間違いが起こるんだけれども、今の話のようにエゴが薄らいでいけば、また本当の自分という、アートマンと呼ばれている真我が自覚すれば、それが本当の主人であり、心は身体と同じように道具あるいは召使いとしての役割を果たします。
もう一方でそのエゴが完全には消滅をしないまでも薄められていっている折には、心に、エゴは召使いのようなもの、道具のようなものだというふうに言い聞かせて、本分をわきまえさせるようにしていきます。それがエゴを召使いにするようにという意味合いです。必ずそれにはアートマンという主人がいるということを覚えておいてください。アートマンは神の別名でもあります」 

ヨーガでは「私たちはこの心でも身体でもない、その奥にある純粋な意識、それが本当の自分である」と教えられます。純粋な意識とは、真実、存在、アートマン、神、さまざまな名前で呼ばれています。
ヨーギーにとって、心は真実を教えてやるべきものであり、正すべきものであります。そして心は、真実、存在、アートマン、神に目覚め、そして奉仕するための道具なのだと思いました。

ダルミニー


魂から魂へ

突然ですが、先週末に師を追いかけて台湾に行ってきました。
師は5月に続いて二度目の訪台となりました。そして今回も台湾の活動をサポートしてきたミラバイさんが師に同行されていました。私は初日のサットサンガに出席させて頂きましたので、今回一番感じた事を少しお話しさせて下さい。

今やインターネットが世界中を駆け巡り、まるでその場にいるかの様に世界中の情報を瞬時に手に入れる事ができます。本当に便利ですね。私もマハーヨーギー・ミッションのクラスに通うきっかけはネット検索でした。

でも、それだけではだめなんです。
『いちばん大切なものは目に見えないんだよ』
星の王子様でも言われていたことです。

今回、師と台湾の方達が会場のジョイフルリビングという素敵な空間で対面している様子を、後ろから見させていただきました。人生の目的。この世の理。生まれてきた意味。参加者それぞれが胸に秘めた普遍的な疑問は、洋の東西・時代を問わず同じでした。それぞれの想いがとつとつと語られ始め、それに対して真理を実現した覚者から直接発せられたその息吹は、会場を瞬く間に神聖な教えの場に変えてしまいました。無知を射抜く真智の瞳から発せられた祝福は参加者のハートを沸騰させ、高揚した表情で誰もが視線を外せずにいました。
ブッダが民衆に説法した際も、古のヨーガ行者が師から洞窟で教えを授かった時も、きっとこんな感じだったに違いないと感じました。
それはネットの情報や書物からでは決して感じ得ない、直接的に届けられる体験でした。私も何度も師のサットサンガで魂を鷲掴みにされる様な体験をしていますが、正に今、この瞬間、この方達は凄い体感をしているんだなと背後からみて感じました。

日本に来たことのある台湾の仲間が「私は5月にヨギさんから沢山の種子を心に植えて貰った。今でも日常で自分の習性を変えて行く力となってその種子は育っている」という話をしてくれたのがとても印象的でした。

国境を超え、言語を超え、人種を超え、魂から魂へ。
正にそんな言葉がぴったりくるサットサンガでした。
師は真理を求める人がいるなら何処へでも出向くと仰っています。御自身の肉体をすり減らしてでも、真理を求める人の心に直接種子を植えつけるために。真理の問答・サットサンガを通して。

私は師の為さる働きが、本当に尊いお仕事だと心から敬服しました。

チャイタニヤ


私が感じたシュリー・マハーヨーギー

2017年5月に、シュリー・マハーヨーギーは初めて台湾を訪問され、4回の特別サットサンガが開催されました。その際の様子については、以前に師の台北の弟子プリヤーさんが報告してくれています。(→以前のブログ記事
今回、同じく台北で熱心にヨーガに励んでおられるパンパンさんが、師の2度目の訪台に想いを寄せてくださいましたので、ご紹介したいと思います。師は10月19日〜10月27日まで今年2度目の台湾訪問をされます。このパンパンさんの経験のように、素晴らしい出会いが待っていることでしょう!楽しみです!


2017年の5月にシュリー・マハーヨーギーが初めて台湾に来訪されて、4回の特別サットサンガが行なわれました。

1回目のサットサンガの時、ヨギさんが会場に入るやいなや、私の眼から壊れた蛇口のように涙が溢れ出してきました。心が苦しわけでも悲しいわけでもないのに、なぜ涙を止められないのかが全然分かりませんでした。これまで、そのような経験をしたことがなく、今でもその理由が分かりません。

5月13日の午後に3回目のサットサンガ行なわれました。
毎回サットサンガの前に、紙の上にたくさん質問を書きました。でも、参加者たちの未知のものへの渇望は同じものが多いので、私の質問は他の方たちの問答で一つずつ解決されました。ヨギさんが、どれほど揺るぎなく真面目にみんなの質問に対応されたことでしょう。そして、“それ”だけがあること、真理は手が届かないものではないということを分かりやすいお答えでみんなに説き明かしてくださいました。しかし、一つの疑問が心に浮かびました…

その時、ヨギさんが一人の参加者の質問に答えられてから、少し間ができました。私はその隙を狙って手を挙げようとしたのですが、ヨギさんはまだそのお答えを続けられました。私は真剣に聞いていたので、手を挙げることを忘れてしまい、その後も他の参加者がどんどん質問をしました。ですが、私が抱いた疑問については誰も質問しませんでした。その疑問はまだ私の心に引っかかっていました。いくつかの問答の後、やっと質問できるチャンスがやって来ました!

私が手を挙げると、ヨギさんは私をしっかりと見られました。その眼差しは、まるで次のようにおしゃっていました。「Hi、パンパン。あなたのことを知っているよ。やっと手を挙げられたね。あなたの聞きたいことをもう知っていますが、まぁ、言ってくださいね」

私:「グルと弟子の関係は何でしょうか。今の私の理解では、たとえば子供の頃は先生はいつも私たちの傍にいます。ヨギさんのような御方は、きっとたくさんの弟子がヨギさんの傍についていると思います。でも、多くの弟子はいつもヨギさんと共にいることはできません。ヨギさんの傍にいることができない弟子は、どのようにして学んだらいいですか」

通訳を聞いてから、ヨギさんはうなずかれて言われました:「ブッダは、死ぬ間際にこう言い残しています、『私の体を見る者が本当の弟子ではなく、私の教えに生きる者が本当の弟子である』」

どんなに強烈で力強い答えでしょう!瞬く間に目が涙でいっぱいになりました。
そして、ヨギさんはグルと弟子の関係を光と闇を例えられ、以下のように説明されました:「闇とは無知であり、無知を消すために光が必要です。元々弟子も光ですが、今隠されています。グルの助けで弟子の無知が払われたら、本来の光が現れます。最後、グルの光と弟子の光は一つになります。もともと一つですから」

ちょうどその時、曇っている空からひとすじの光が窓を通して射してきました。ヨギさんのお身体がきらきら輝いて、お顔が光を放ちました。ヨギさんは微笑みをたたえられました。時間はまるで静止したようで、会場は静けさに包まれました。

ヨギさんはさらに続けて言われました:「安心して学び、ヨーガを続けてください。できる限りこの体も皆んなに見られるようにしますから」

それを聞くと、涙でぼやけたヨギさんの御姿がもう一度はっきり見えるようになりました。私はうなずいて、満足して、泣き笑いしました。

ヨギさんからいただいた答えは私の宝物になりました。今瞑想する時、いつもそのかけがえのない祝福された時間を思い出します。

別のサットサンガで、とても印象に残ったもう一つの問答があります。同じようにスタッフを担当した一人の参加者が、「私たちはどういうふうにヨギさんのことを見ればいいですか」とヨギさんにお聞きしました。
ヨギさんは微笑まれながら、こう言われました:「あなたは、私を自分だと思ってください」

ヨギさんはヨーガの教えを実践すべきだと言われました。それからの4カ月、そのお言葉を思うと、心の中に力と光が満ち溢れます。古い生活パターンを少しずつ変えました。残業でどんなに遅くになっても、生活をしていく上でやるべきことはちゃんとやろうとしています。例えば、朝早く起きて、朝食と昼食のお弁当を作り、食事量を抑えて、古い習慣を変える。エコの容器を使う。できるかぎり毎日アーサナをする(時々疲れすぎて、深夜にあくびが止まらなくても、限界まで精一杯やります)。朝会社に行く時もう遅刻しない(単に皆勤手当をもらうためです。その手当をもらえば、ヨギさんの来台訪問の資金にドネーションできるからです。)。仕事や生活の中で好きなことにも嫌いなことにも影響されないように練習している…などなど。

この間、自分の心が安らかになってきたと感じました。将来のことにも、多くの恐怖や疑いをだんだん持たないようになりました。
10月にヨギさんがもう一度台湾に訪問されると聞くと、本当に嬉しくてたまらないです。すごく楽しみにしています。もっと人々がヨギさんに会えて、私のように自分を支える力をもらえるように、心の中で祈っています。

パンパン


ヨーガの熱が高まる松山!

先日松山の瞑想特別クラスに行ってまいりました。
「ヨーギーの生き方に学ぶ7回シリーズ」の3回目「働きの秘訣」がテーマでした。3カ月ぶりだったので、皆さん覚えているかなと思っていたのですが、44名が参加され、新しい方も多く、凄い熱気で驚きました。その理由について、アーナンディーさんが寄稿してくださいましたので、ご紹介したいと思います。(サーナンダ)


松山のアーナンディーです。
ジメジメした梅雨の湿度も逃げてしまうような勢いで、最近の松山のクラスはヨーガへの情熱が高まり続けています!
今回はそんな松山のクラスからご報告したいと思います。

それもこれも5月のヨギさんの特別サットサンガの後からのことです!

5月の特別サットサンガでは、松山ヨーガ・サークルの空間は喜びでいっぱいになりました!
その後、クラスの参加者の皆さんからヨギさんのお名前を聞かない日がないほど、ヨギさんへの感謝の声が続き、皆さんの笑顔が朗らかでハッとするほど美しくなっています!
特別サットサンガ初参加の方からこんな感想をいただきました。

「サットサンガに参加して、私は今幸せだなと思って帰ってきました。サットサンガの翌日によく行くお店の店員さんに『顔がスッキリしてますね!何か悪いものがすべて取れたような顔つきです』と言われました。そしてサットサンガから1週間経った今、私のたいしたことない1週間前の悩みは何もしてないのに解決しました。不思議です。今日のクラスに行く予定です!」

と今まで以上に熱心に通い続けてくださっています。他にも「誰もの中に真実があるという教えが腑に落ちて希望を感じました」「ヨギさんへの感謝の思いから実践する力をいただいています」などなど特別サットサンガの醍醐味を味わったという喜びいっぱいの感想をいただき、多くの方とヨギさんへの感謝を話し分かち合えるのが嬉しくてたまりません。

そんな楽しそうな熱気が伝わったのでしょうか。新しくクラスに定期的に通い続ける方が1人、2人と増え始め、先日はスタジオが一杯になるほどになりました!
また長年通っている方がヨギさんを見倣って本当に優しく誠実に皆さんに接してくださっていて、すごくいい雰囲気です。
新たな参加者の皆さんにも改めて感想をお聞きすると、「ヨーガって楽しい!」「1週間に1度のクラスが楽しみ」「クラスに参加するか迷うほど心と身体が重かったのに、ヨーガの後、心も身体も軽くなって驚きました!ヨーガに出会えてよかった!」「(マハーヨーギー・ミッションのブログを読んで)心に響くものがありました。次回はヨギさんにお会いしたいです」とそれぞれの方が嬉しそうに答えてくださいました。


木曜の夜のクラスの皆さん。笑顔が美しい証拠写真がこちらです!

しかし、まだまだこれからです!なぜなら、誰もが本当の喜び、本当の自由を求めているのに、ヨーガに出会えてない人がたくさんいらっしゃるはずだからです!!!1年ぶりにサットサンガに参加されたWさんがこんな感想を寄せてくださいました。「先日家族に『ヨーガを始めて優しくなった。世の中には色々なヨガがあるけど、お母さんがやっているヨーガは本物だと思う』と言われました。嬉しかったです!」

この感想のように私たち1人ひとりが真のヨーギー、ヨーギニーになることで本物のヨーガをもっと多くの方と分かち合えるようになりたいです。ヨーギー、ヨーギニーは一日にして成らず!でも私たちは着実に前進しています!ヨギさんを知りたければあの人をみればいいよ!と私たち1人ひとりがそんな存在になるよう精進していきます!
いつも、どこにいても私たちを至福へと導いてくださるシュリー・マハーヨーギーに心からの感謝を込めて。

アーナンディー