今年も桜が咲きました!

マハーヨーギー・ミッションの本拠地である、マハーヨーギー・アーシュラマは北野天満宮の真南にありますが、2016年5月に開設されたプレーマ・アーシュラマは御室仁和寺の横の道を上がったところにあります。前の通りには桜並木があり、またプレーマ・アーシュラマのすぐ横にも大きな桜の木が植えられています。その枝は二階の窓やベランダのごく近くまで延びていて、桜が咲き誇って満開になった時には、お部屋の中からでも、まるで桜が迫ってくるかのような迫力を感じます。

翌年2017年春、お釈迦様のご聖誕日には、祝祭「サナータナ・ダルマ アヴァターラ メーラー」が開催されました。それはプレーマ・アーシュラマ1周年のお祝いでもあり、皆さんへのお披露目の時でもありました。
近くの桜にも、いろいろな種類(ソメイヨシノ、山桜、八重桜……)があり、咲き始める時期がそれぞれ異なります。あの年は祝祭が近づくにつれ、周りの桜が咲き始めるとともに、アーシュラマ横の桜も蕾がほころび始めました。私たちはその桜が、ちょうど祝祭の日に満開になることを密かに願っていました、愛する師にいちばんきれいな時を見ていただけるようにと。
そして迎えた4月8日。本当にこの1本の桜だけが開ききるのを待ち、見事にこの日に満開に咲き誇ったのでした。

このご時世のため、今年はプレーマ・アーシュラマで多くの人が集うことを控えたため、皆さんに桜を見に来ていただくことはかないませんでしたが、変わらず、力強く咲いてくれました。


 

 

誰をも魅了し、いつ見ても、何回見ても飽きず、ただただ見惚れてしまう桜。毎朝、あまりにもの美しさに、おぉっ!と声を出してしまうほどです。
今年は二階のアトリエでワークスをしながら、窓から見える桜がいつ咲くのかとずっと待っていました。やはり他の桜に比べて遅咲きです。そしてある日、一気に花を咲かせました。それはまるで「ブワッ!」という音が聞こえるかのようで、力強く、外に向かって押し出された感じでした。
その力も1週間もすれば弱まりますが、快晴の日も風の日も、雨にうたれても、儚い命でありながらも凛として咲き続ける桜。その姿は多くの人に感動と喜びを与えてくれます。

 

🌸   🌸   🌸

 

プレーマ・アーシュラマの二階、アトリエの窓から見える桜。

昼間の桜は爽やかな気持ちにさせてくれますが、夜の桜は暗闇に白く浮かび上がり、それもまた美しくあります。そんな圧倒的な存在感を放つ桜を見て感じたことは、「沈黙」という言葉でした。桜は一切主張することはありません。ただ生命を全うしている。だからこそ、自然の力、その背後にある偉大なる一者の力が、ダイレクトに私たちに伝わってくるのだと、そう思いました。

 

🌸   🌸   🌸

最後に、美しさに魅せられてやってきた小さな訪問者たちを紹介しましょう!

 

シャチー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です