大いなる真理だけを見る

「海だけを見たい」

3月にアップされた『海と波』のブログを読んで、私はそう感じました。

人との関係で、些細な言動に一喜一憂するのは、海(真実在・真理)を見ず、変化する波(現象)を見ているだけです。また波どころか、小さな一滴に翻弄されるということ。波に巻き込まれない対策をしていないと、簡単に心はどうでもいいことに惑わされる。私自身、「真実だけを見たい」「心の思いに翻弄されたくない」と改めて思っていたところ、早速試されるような状況がヘルパーの泊まりの仕事の時に起こりました。

利用者さんは数日間、夜間にひどいかゆみで眠れておらず、疲れている様子でした。横になって1時間ほど経ったとき、「かゆい、かゆい」と訴えられ、私は指示通り、薬を塗りました。利用者さんはかゆみで感情的になっているのと、私の処置の手際が気に入らず、怒りの言葉をわめいていました。「手際が悪くすみません」と言い、できるだけ利用者さんの要求にスムーズに応えるように、わめく言葉に動揺せず行為しようと心がけました。夜通しこのような調子かもしれないと思い、真理にしがみつくように、「どうか、心が動きませんように。私は海を見たいのです」と心の中で願いました。
そしてオームを心の中で繰り返し唱え、利用者さんからの要望に淡々と対応しました。数時間して落ち着き、利用者さんが寝入った様子で少しほっとしましたが、引き続きずっとオームを唱え続けました。私も少しの間眠り、かゆみの対応をしながら朝を迎えました。利用者さんが目を覚ますと穏やかな表情で私に、「昨晩は大変だったね」と優しく言葉をかけてくださいました。

松山市の梅津寺海岸。

必死で真理にしがみつこうとしなければ、利用者さんの一時的な怒りの言葉に、心は翻弄されていたかもしれません。隙なく聖なる思いで心を満たせば、きっと波に翻弄されることはないと感じる出来事でした。

聖なる思いを常に持ち続けるには、どんな状況であっても、誠実に行為をすることが必要だと感じています。
波を見ずに、大いなる真理だけを熱心に求めていきたいです。

りょうこ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です