投稿者「ゴーパーラ」のアーカイブ

「瞑想入門 ブッダ(真理)をさがせ」(京都・大阪)

少し先ですが、7月〜京都・大阪で「瞑想入門 ブッダ(真理)をさがせ」をスタートします‼️

このイラストのように、世界は十人十色でさまざまな人の思いや行為が交錯しています。
そんな混沌としている世の中で、本当に大切なもの「真理」とは何でしょうか👀?

2500年前、ブッダは瞑想によって心を静め、真理を悟りましたーー

瞑想入門では、ブッダの生涯やハートに触れながら、ブッダの悟った真理を学んでいきます。
そして、真理を心の思いに照らし合わせて煩悩を取り除く「識別瞑想」をしていきます。
昨今、さまざまな瞑想がありますが、この識別瞑想こそブッダが説いたニルヴァーナ(涅槃)に至る方法であり、欲望やエゴが渦巻く世界で本当に大切なものを見失わない知恵・力になります。

全8回で、1回のご参加や途中からのご参加もしていただけます。
初心者の方でも無理なく実践できるプログラムとなっていますので、一緒にブッダ(真理)をさがし、瞑想していきましょう!
詳細はこちらをご覧ください💁‍♂️「瞑想入門 ブッダ(真理)をさがせ」

ゴーパーラ


瞑想入門 2024年 <大阪・京都>

昨年11月にスタートした瞑想入門クラスのご案内です💁‍♂️
おかげさまで新しいご縁もあって、多くの方にご参加いただき、共にインド思想を学び、瞑想に座っています。

2023.12.23 京都

新年最初の瞑想入門クラスは、<大阪>1月11日 <京都>1月13日になります。
テーマは「大宇宙と私たちの本質」〜梵我一如〜です。

梵我一如と聞くと、ちょっと難しそうだなと…思われるかもしれませんが、
「自然万物と私たちの本質は、同じであり一つ」
というシンプルな教えになります。
古代のリシ(聖仙)やヨーギーが発見した生命の源・本質を知り、瞑想することで、自然の恵みや周りの人への感謝の思いが湧き、満たされたハートになります。
それにより、不平不満や貪りがなくなり、心身が軽やかになっていきます。

インド思想や瞑想は、私たちが頂いた命を生きていく上で、上辺や表面ではない本当に大切なものを教えてくれます。
1月は「梵我一如」「真言」、2月は「シヴァ神」「涅槃寂静」がテーマで、インド思想の真髄に触れられる内容となっております。(詳しくはこちらをご覧ください➡︎『瞑想入門』
もしご興味、ご関心あれば、ぜひご参加いただけたらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします😇🙏

ゴーパーラ


永遠の樹下で憩い戯れる

2023年も残すところ3日となりましたが、皆さま、年の瀬をいかがお過ごしでしょうか?

この2023年を振り返ると、私たちマハーヨーギー・ミッションにとって本当に大きな出来事に見舞われた年となりました。
3年に及ぶコロナ禍の行動制限も解除され、休止していた師シュリー・マハーヨーギーのサットサンガ(真理の集い)開催の兆しが見えてきた矢先の5月、師はお隠れになりました。
最愛の師との別れに、私たちは深い悲しみと喪失感に襲われました。

しかし7ヶ月が経ち、私たちはこの苦境を乗り越えて立ち上がり、一歩ずつ前に進んでいます!
師の御入滅から1ヶ月後の6月には全国の弟子が一堂に会して弟子のサットサンガを行ない、夏は猛暑にも負けず各地域で交流を深め、11月にはニューヨークや台北、全国各地の拠点をオンラインで結んで師の御聖誕75周年祭を開催し、私たちは真理だけを見て前進していくことを誓いました。
また私たちの手元にはヨーガの集大成ともいうべき至宝の聖典『マハーヨーギーの真理のことば』があり、さらに実クラス・オンラインクラスでも師から直伝されたアーサナ・瞑想を学べる場が充実しており、畏れることなど何もなく、着実に歩みを進めることができています。
師は本当にたくさんの恩寵を与えてくださっていて、後は私たち自らの足で真理に向かって歩むだけなのです。

「大樹の下に生えた植物は、いつまでも小さなままだ」というスワーミー・ヴィヴェーカーナンダが晩年に残した言葉がありますが、苗木が大樹になるには「師からいただいた教えを今一度自らで考え深め、体得していくこと」が必要だと感じています。
逆風が吹いても諦めずに力強く精進し、そして一人一人が自立し、マハーヨーギー・ミッションが神の平安と果実を楽しめる拠り所「永遠の樹」にならんことを願います!!

最後になりましたが、今年もブログ「ヨーガを生きる」をお読みいただき、まことにありがとうございました!
2024年はよりアクティブにマハーヨーギー・ミッションの活動等を紹介していきたいと思っています!!
では皆さま、どうぞよいお年をお迎えください😇🙏

ゴーパーラ


瞑想入門 〜インド思想を学んで瞑想する〜

11月〜京都・大阪でスタートする「瞑想入門」のクラスのご案内です💁


テーマは「生きるとは何か? 〜インド思想を学んで瞑想する〜」です。
生きることについて、インド思想を通して考え瞑想し、人生の目的を明らかにしていきます。

古よりインドでは、生まれたことの意味やその本質を瞑想によって探求してきました。
それにより、カルマの法則や輪廻転生、また梵我一如の真理が発見されました。
一見すると、それらは難解で現実離れしたもののように思うのですが、実は私たちの人生に直結したものなのです。
例えば、カルマの法則は「自業自得の理」といわれていますが、「何事も他人や状況のせいにしない」という教えであり、それをしっかりと理解・体得できれば、主体的な人生が送れるようになります。
そのようにしてこのクラスでは、インド思想がどのように実生活で適用できるのかを学んで瞑想し、「生きるとは何か?」という大いなるテーマにアプローチしていきます。

今回は全8回で、基本となるインド思想を網羅できますし、瞑想の実習もあり、月2回のペースでじっくりと学ぶことができます。
1回だけの参加や途中の回からの参加も可能ですので、少しでもご関心があれば、お気軽にご参加ください。
詳しくはこちらをご覧ください💁➡️『瞑想入門』

ゴーパーラ


『マハーヨーギーの真理のことば』第十二章 信仰

「本当に信仰というものはね、そんなに簡単に手に入るものでもないし、お金で買えるものでもない。それは心の足掻きというか、葛藤、そういうものの代償に残されていく、勝ち取られていくものです」

〜『マハーヨーギーの真理のことば』第十二章  

足掻いて、もがいて、それでも掴んでいたいものはありますか?

私はどんなに不器用でカッコ悪くても、真理だけは掴んでいたい。

それが激流の人生を渡る私の命綱です。

真理だけを思って、真理だけを見て、真理を行為していきたいです。

 

ゴーパーラ


スワーミー・プレーマーナンダの強さ

スワーミー・プレーマーナンダ(1861〜1918)という聖者をご存知でしょうか?

師であるシュリー・ラーマクリシュナに「骨の髄まで浄らかで、不純な思いが心身を横切ることがない」と言われるほど、生まれながらにして純粋な魂であり、兄弟弟子のヴィヴェーカーナンダと共にラーマクリシュナ・ミッションの礎を築いた聖者の一人です。
その生涯はヴィヴェーカーナンダのように表舞台に出ることはありませんでしたが、僧院の管理者としての責務を担い、信者を神と見てその奉仕に身を捧げました。

そんなプレーマーナンダの生涯に触れると、特に二つの打撃を乗り越えて、元来の純粋さに加えて「強さ」が備わっていったことが感じられました。
一つは師シュリー・ラーマクリシュナとの別れ、もう一つはヴィヴェーカーナンダとの別れでした。
その時、プレーマーナンダは考えました、自らの為すべきことをーー

一つ目の打撃の時、プレーマーナンダは「師の導きに従うこと、神を見ること、真理の実現」を覚悟し、二つ目の打撃の時は「ヴィヴェーカーナンダの仕事を力の限りを尽くして続けていくこと」を覚悟し、それらを誠実に徹底してやり通したのでした。

これらの詳しい内容は、『真実の愛と勇気』(日本ヴェーダーンタ協会)、Web版『パラマハンサ』(マハーヨーギー・ミッション)に載っています。

人は打撃を受けた時、どうすればいいのか?
今、何を為すべきか?
プレーマーナンダの生き様に、そのヒントがあると思います。

最後に、私が感銘を受けたプレーマーナンダの力強い教えを紹介させていただきます。

信仰を呼び覚ませーーグルの言葉への信仰、聖人の教えへの信仰、聖典への信仰である。それで初めて結果が得られるのだ。単なる感傷的な態度は何の役にも立たないだろう。あなたはこのような力強い決意を持つべきであるーー「私は、この人生において何としても成功を収めなくてはならない。執着を離れ、まさにこの肉体から自由にならなくてはならない。私に不可能なことがあるはずがない」と。あらゆる恐れと不安を投げ捨てよ。「私たちは神の子である」と考えよ。そうすれば、弱さはつけ込むすきを見出せないであろう。

ーーー『真実の愛と勇気』p132

 

ゴーパーラ


ニルヴァーナ(涅槃寂静)

暑中お見舞い申し上げます。
厳しい暑さが続いていますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。酷暑の折から、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。

さて、夏の暑い日、ブッダを思うのは私だけでしょうか?
燃え盛る煩悩の火、欲望の渇きが消えたブッダーー私はブッダを思うと心静まり、涼を得ます。

「修行僧よ、この舟から水を汲み出せ。汝が水を汲み出したならば、舟は軽やかにやすやすと進むであろう。貪りと怒りとを断ったならば、汝は安らぎ(ニルヴァーナ)におもむくであろう」

ーーー『ダンマパダ』369

猛暑が続きますが、少しずつでもニルヴァーナ(涅槃寂静)を目指して前進していきましょう!!

 

ゴーパーラ


7月スタート!! 瞑想入門 Part2 4回コース <京都・大阪>

【瞑想入門 Part2 4回コース】を京都・大阪で7月からスタートします!!
このコースのテーマは、「心と世界の理を学び、瞑想する」です。(詳しくはこちらから☞「瞑想入門 Part2」


「心と世界の理」を見つけたのは、ブッダであると言われています。
その発見は2500年も前のことですが、この理は普遍的であり、現代においても当てはまります。
時代や国などの環境が変わっても、心・世界を成り立たせている目に見えない仕組みーーその構造や性質、それを今回の瞑想入門コースでは学んでいきたいと思っております。

瞑想の成就者であられたブッダが発見した心と世界の理を学ぶことで、外的なものに対して心は惑わされなくなり、瞑想は一段とやりやすくなってきます!
森や洞窟に籠らずとも、この忙しい現代社会で瞑想に集中できる秘訣となります!!
初心者の方から学べる内容となっておりますし、少しでもご興味・ご関心がある方は、ぜひご参加いただけたらと思います。
共に学び、瞑想できることを心より願っております😇🙏

 


「瞑想入門 Part1 4回コース」も6月17日まで開講中です!ご興味・ご関心のある方は、ぜひご参加ください!

ゴーパーラ


京都・大阪 瞑想入門4回コースのお知らせ

皆さま、こんにちは。
ゴーパーラです。
私が講師を務めさせていただく「瞑想入門  4回コース」が京都(5/13)・大阪(5/18)でスタートします‼️(詳しくはこちらから⇨瞑想入門

昨今、たくさんの瞑想が紹介されていますが、どれが正しい瞑想なのか分からないほど多く出回っていて、混乱しますよね。。
私は瞑想をして15年ほどになるのですが、正しい瞑想のポイントとして「目的と基礎がしっかりとしていること」、それが挙げられると思っています。

例えば、○○大学に入りたいとなったら、その大学に受かるためにがんばって勉強すると思いますし、まずはその目標・目的を定めることが大事なことになってきますよね。
また、どの大学を目指すにしても、いちばん始めにするべきことは、基礎を学ぶことだと思います。
基礎が身に付いていれば、それがベースとなって、勉強をさらに促進させてくれるはずです。

この瞑想入門コースでは、瞑想の「目的」「基礎」をしっかりと学べるプログラムになっています。
瞑想の王道の教え「ラージャ・ヨーガ」を指針に、正しい座り方や呼吸法、ひいては日常の心構えについても学び、目標に向かって実践していきます。
瞑想で実現したい目標は人それぞれかもしれませんーー集中力をつけたい、心穏やかになりたい、また真実を悟りたいなどさまざまかと思いますが、王道に則って瞑想をすれば、それらは実現できます!

瞑想に興味がある、やっていきたい、深めたいという方、誰もに必要な基礎が学べ、無理なく始められるプログラムになっております。
ぜひご参加いただけたらと思います😇🙏

ゴーパーラ


5月スタート!!  瞑想入門 4回コース<京都・大阪>

「瞑想入門 4回コース」のお知らせです!
5月から京都・大阪で、初心者の方を対象にした瞑想の4回コースをスタートします!!(詳細はこちらから☞『瞑想入門』


このコースでは、瞑想によって「心の静けさ」を感じていただきたいと思っています。
心の静けさとは、言い換えると「心の安定」でもあります。
家を建てる時、土台がしっかりしていればよい家が建つように、瞑想も安定した土台作りが大切になってきます。
まずは心身を安定させる基礎の教えを学び、瞑想をしっかりと継続できるプログラムを組んでおります。
これから瞑想を始めたい方、また深めたいという方、ぜひご参加ください!
門戸を開いて、お待ちしております!!

そして本日、4月8日はブッダの御聖誕日です。
皆さんもご存知のように、ブッダは瞑想によって悟りを啓かれた覚者です。
私は20歳の時、ブッダ成道の地ブッダガヤを訪れた際、その場所の静寂に包まれたプラーナ(気)に安心を覚え、自然とブッダの教えや仏教を学びたいという思いが湧いてきました。
この瞑想入門のコースが、心の静けさや瞑想への思いが高まる空間になればと願っております。
そして、新しいご縁ができることを心より楽しみにしております。

ゴーパーラ